トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.317【EURO2016】最も危険な5試合は?【フランス治安情報】

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.317【EURO2016】最も危険な5試合は?【フランス治安情報】

カテゴリー:スポーツ・観戦 / 交通・鉄道・航空 / 治安・渡航安全情報 投稿日:2016年6月15日

317-1.jpg

今月10日に始まったEURO2016サッカー戦。試合開催国であるフランスでは、毎日その話ばかりです。

パリをはじめ、多くの町に大型スクリーンを備えたファン・ゾーンも準備され、コンサートが開かれたり、観戦で盛り上がったりしています。


過激サポーター同士の衝突


反面、過激なサポーター同士の衝突も心配されるため、多くの警官や軍隊が警備にあたっています。その中には、EURO2016に参加している23の国から派遣された180人の外国人警官も含まれています。

317-2.jpg


そんな中、6/11には、マルセイユで、イングランドVSロシア戦に先立ち、サポーター同士の激しい衝突が起こり、怪我人が30人以上も出ました。動画もいくつかネットにアップされていましたが、手当たり次第に椅子や瓶を投げつけ、殴る蹴るの暴行の様子が写っていました。路上はガラスの破片だらけで、歩くとじゃりじゃり音がする状態だったようです。


最も危険とみなされる5試合


実は、このイングランドVSロシア戦は、最も危険とみなされていた5試合のひとつだったそうです。
同じく危険とみなされていたトルコVSクロアチア戦が、6/12にパリでありましたが、こちらは、幸い特にひどい騒ぎにならずに済みました。


残る3試合は、次の通り。
6/15 15時から、ヴィルヌーヴダスク(リール近郊)のロシアVSスロヴァキア戦。
6/16 15時から、ランス(Lens)のイングランドVSウェールズ戦。
6/21 18時から、マルセイユのウクライナVSポーランド戦。


明日明後日のリール市内ではご注意を


ヴィルヌーヴダスク(Villeneuve d'Ascq)は、リール近郊にあり、先日のドイツVSウクライナ戦では、ドイツ人のサポーターがFan walkと称して、リールからヴィルヌーヴダスクまで歩いたくらいの距離です。


ランス(Lens)は、リール南方、直線なら30kmくらいの距離と、あまり遠くありません。


ロシアのサポーターとイングランドのサポーターとは、先日やり合ったばかりですし、リールのバーなんかで遭遇して、騒ぎにならないといいんだけど....と地元民は、少々戦々恐々としているようです。


マルセイユでの事故を受け、ロシアチームは15万ユーロの罰金を科されることが決まったようですし、これ以上騒ぎを起こすことがあれば、ロシアチーム自体が試合に出られなくなるという決定も出されました。
イングランド側も、選手がサポーターに騒ぎを起こさないよう呼びかけました。
これらが功を奏し、サポーターたちの頭を冷やしてくれることを祈ります。


また、フランスでは毎年6/21は音楽祭で、誰でも路上で音楽のパフォーマンスをしてよい日となっていますが、この日危険とされるウクライナVSポーランド戦を予定しているマルセイユでは、今年に限り、音楽祭を6/23に変更することを決定しました。


リールのファン・ゾーンと、交通事情、宿泊事情


さて、リールのリール・ヨーロッパ(Lille Europe)駅前にもファン・ゾーンができています。そのため、試合前から試合時間中は、Transpoleのトラムは、リール・ヨーロッパ駅に停まりません。ご利用の際はご注意ください。


また、ファン・ゾーン真ん前のショッピングセンター、ユーラリル(Euralille)では、入場のセキュリティチェックが厳しくなっています。こちらも合わせてお気を付けください。

317-3.jpg


なお、試合中のホテルの値段は高騰しています。私の聞いた話ではほぼ平常の4倍の値段。
これから閉幕までに予定されているヴィルヌーヴダスク(Villeneuve d'Ascq)での試合日は、6/15, 6/19, 6/22, 6/26, 7/1 となっています。その前後は、リール周辺での宿泊は避けることをお勧めします。もちろん、サッカー観戦の方は仕方がありませんけれど....


そのほかテロ、スト情報など


なお、昨夜パリ近郊では、警官夫婦が殺害されるテロ事件が起こっています。巻き込まれないように、身の安全にはお気を付けください。
また、一部労働組合のストも続いており、SNCFやRER一部路線は100%は稼働していません。リールでもTranspoleが、ストの予告をしています。


交通情報については、原則前日にならなければ、運行状況が分かりませんので、twitter で情報を流すようにしています。必要な方は、どうぞ、そちらをご参照ください。

(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.317【EURO2016】最も危険な5試合は?【フランス治安情報】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について