× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > トリノ特派員 > イタリアで風邪をひくまえに飲みたいホットカクテル?!

イタリアイタリア/トリノ特派員ブログ

イタリアで風邪をひくまえに飲みたいホットカクテル?!

カテゴリー:お題 / 生活・習慣・マナー / 美容・健康・病院 投稿日:2018年2月13日

IMG_1497.JPG


この時期になると、この辺りでは、決まって子供から始まり、疲れや睡眠不足の大人にも風邪やインフルエンザが流行する。特に今年のそれはたちが悪く、高熱、咳、頭痛、腹痛そして症状が治まりだしても倦怠感が長引くといわれている。ここ数年、風邪ひとつひかなかった我々夫婦も、引越し疲れと引越し先の一部暖房器具が故障していたこともあり、まんまと流向にのってしまった。峠は越えたが、倦怠感は続いている。


IMG_1602.JPG


そんな我が家では、調子が悪いかな?となると基本的には、食事療法を試みる。そして症状によっては、エルボステリア(ハーブ薬局)で調合してもらうハーブでの自然療法で原始的に復活する。
昔々からサヴォイア家 御用達と伝えられている老舗 お薬屋さんのすぐ近くに我が家がお世話になっているハーブ薬局がある。


IMG_1561.JPG


まずは、症状を伝える。そして簡単なカウンセリングを終えると、みるみるうちに調合、処方、煎じ方の注意がある。2、3日分のときもあれば2週間分を渡される時もある。症状によって飲み方、飲む回数も違う。昔からの自然療法だ。漢方に似たものと認識している。


IMG_1708.JPG


今回は、その他、イタリアで昔からある自然療法をご紹介。

風邪のひきはじめや寒い夜に飲まれるものとして有名なのは、ヴィンブリュレ (ホットワイン)赤ワインに蜂蜜、シナモン、オレンジの皮、丁子、胡椒などをお好みで加え温める。
その他、ノンナ(おばあちゃん)の専らのおすすめは、グラッパミルク!材料は、たった3つ。温めた牛乳、蜂蜜、そしてグラッパ。(作り方は2種類あり。1、温めた牛乳にグラッパを入れる方法。2、牛乳とグラッパを一緒に火にかけアルコールを飛ばす方法。具合によって作り分けるらしい。)

『体がぽかぽかしてきたでしょ?』『眠くなってきたでしょ?』『ハイ!ぐっすり眠りさい!』とこんな感じ。
ノンナ曰く、薬に頼らない昔からの治療法。

あと、卵が貴重な栄養源だったころには、日本の卵酒の要領で、卵グラッパも飲まれていたらしい。お国が変わっても似た文化があるのはとても興味深い。


IMG_7040.JPG


最後に、私のお気に入りは、生姜湯にアニスやリクィリッツィア (甘草) などの蒸留酒を少し加える。体の芯から温まり喉が痛い時にもすっきり!


機会があれば是非お試しくださいませ。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

YUCA

イタリア・トリノ特派員のYUCAが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/トリノ特派員
名前:YUCA

YUCA

ピエモンテ州 アスティ在住。
製菓専門学校洋菓子教授アシスタントとして勤務後、自らもフードスタイリストとして教壇に立つ。現在は、イタリア現地の料理学校にて非常勤講師を務めるほか、企業コンサルタントとしてスローフード・スローライフを満喫中。(執筆、連載中)マンマや星つきシェフに学ぶお料理教室、食の宝庫ピエモンテ州への生産者訪問も人気開催中。詳しくは DISQUS ID @disqus_84yCoI6UhA

トリノ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

トリノを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トリノ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > トリノ特派員 > イタリアで風邪をひくまえに飲みたいホットカクテル?!