× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > トリノ特派員 > イタリアのクリスマスはいつまで続く?

イタリアイタリア/トリノ特派員ブログ

イタリアのクリスマスはいつまで続く?

カテゴリー:お題 / イベント・行事・お祭り / レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年1月 6日

IMG_0005.JPG


初めて冬のイタリアを旅したとき、1月に入っているにもかかわらずクリスマスツリー、クリスマス デコレーションが堂々と飾られているのに驚いたものだ。


IMG_0019.JPG

イタリアでは、こんなことわざがあります。
L'Epifania tutte le feste porta via! (エピファニアはお祭りの締めくくり)


エピファニアもしくはベファーナと呼ばれる1月6日の祝日までがクリスマスホリデーとなり、翌日からは、クリスマスツリーも撤去され、子供たちの学校も始まるのです。

IMG_0004.JPG

イタリア流クリスマスの過ごし方


家族の絆が深いイタリアでは、クリスマスは、もっぱら家族や親戚と和やかにそしてスローに過ごします。
我が家でも、まずは恒例のプレゼント交換から。


IMG_0006.JPG


そしてながいなが~いお昼ごはんが始まります。アンティパストから始まりドルチェを食べ終えたのは今年も午後5時過ぎ!


IMG_0048.JPG


IMG_0027.JPG


まずは冷たいアンティパストから。脂ののりにのったスモークサーモンは丸ごとをキューブ状にカット、カルネクルーダ、インサラータルッサ。そして温かいアンティパストとして、今年は カヴァリエーレ勲章 を頂いたという事もあり、前日に素敵なプレゼントが届きました。白トリュフです! みんなの大好きなフォンドゥータソースをつくり、白トリュフを豪快に。エレガントな赤ワインの女王様 バルバレスコと合わせます。


IMG_0034.JPG

IMG_8810 (1).JPG


その後は、マンマ特製のアニョロッティ(詰め物パスタ)。こちらも白トリュフをたっぷりと。続いて、仔牛頬肉の赤ワイン煮込み ポレンタ添え。そして、ドルチェはクリスマスの定番 パンドーロとモスカートダスティ。


IMG_0042.JPG


家族で過ごすあったかクリスマス。
夜ご飯? ・・・9時ごろからセコンドラウンド開始 ~!!! 
AIUTO (アイウート)助けてぇ!!!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

YUCA

イタリア・トリノ特派員のYUCAが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/トリノ特派員
名前:YUCA

YUCA

ピエモンテ州 アスティ在住。
製菓専門学校洋菓子教授アシスタントとして勤務後、自らもフードスタイリストとして教壇に立つ。現在は、イタリア現地の料理学校にて非常勤講師を務めるほか、企業コンサルタントとしてスローフード・スローライフを満喫中。(執筆、連載中)マンマや星つきシェフに学ぶお料理教室、食の宝庫ピエモンテ州への生産者訪問も人気開催中。詳しくは DISQUS ID @disqus_84yCoI6UhA

トリノ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

トリノを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トリノ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > トリノ特派員 > イタリアのクリスマスはいつまで続く?