× 閉じる

トップ > 日本 > 東京2特派員 > 中央線の幻の駅「万世橋駅」でティータイムはいかが?

日本国内日本国内/東京2特派員ブログ

中央線の幻の駅「万世橋駅」でティータイムはいかが?

カテゴリー: 投稿日:2018年5月 8日

こんにちは!
地球の歩き方 東京特派員ブログ担当のみみです。


JR中央線の神田駅と御茶ノ水駅の間に、もう一つ駅があったのをご存知ですか。
それは「万世橋駅(まんせいばしえき)」。
場所は、秋葉原駅から少し歩いたところにある「万世橋」のすぐ近くです。
1912年(明治45年)から1943年(昭和18年)までの間、確かに「万世橋駅」は存在したのです。


1943年に駅が使われなくなった後、その遺構はそのまま残されていました。
その場所が整備され、2013年9月 商業施設「マーチエキュート神田万世橋」としてオープンしました。


IMG_8761-001.JPG


施設内には、ファッションや雑貨のお店、カフェやレストランなどがありますが、今回ご紹介したいのは「旧万世橋」の遺構と電車を間近に感じられるレストランです。


2階に当たる部分にあるレストランに行くために上がる階段が、まさに万世橋駅の遺構です。


IMG_8766-001.JPG


ここには階段が2つあります。
ひとつは、「1912階段」で、1912年(明治45年)4月の万世橋駅開業時につくられた階段です。
IMG_8863.JPG


もう一つは「1935階段」で、1935年(昭和10年)鉄道博物館が建設された時につくられた階段です。
IMG_8769-001.JPG


ちょっとレトロで重厚な感じがする会談で、その歴史を感じます。
階段を上がると(エレベーターもあります)、そこは「2013プラットホーム」です。
万世橋駅開業時から残されていたホームを整備し、デッキとレストランとしてよみがえったというわけです。


IMG_8847.JPG
デッキは誰でも無料で利用できます。
ただ、一部屋根が無いので荒天の日は利用が難しいと思います。


ホームの先端には、「プラチナフィッシュ」というレストランがあります(屋根はありますが、一部デッキは屋根がありません)


IMG_8772.JPG

ここでは、日替わりの海鮮丼やお寿司などのランチの他、スムージーなどのドリンク、インスタ映えするパンケーキなどを食べることが出来ます。
夜は、お酒が楽しめるお店になるようです。
味はもちろんですが、こちらのお店の目玉はやはり鉄道を間近に感じられること。


IMG_8781.JPG


IMG_8807-001.JPG


特に電車好きという方でなくても、両側を中央線が間近に通り過ぎていく迫力は貴重で、楽しめると思います。
特に夜はとてもロマンチックで綺麗だそうですよ。
秋葉原へお出かけの後などに、ぜひ訪ねてみて下さい。


マーチエキュート神田万世橋 ⇒ https://www.ecute.jp/maach

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

みみ

日本国内・東京2特派員のみみが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/東京2特派員
名前:みみ

みみ

街歩きが大好きで7年前にブログを始めました。 東京はとにかく移り変わりが激しく、街を歩いていても飽きることはありません。東京らしい話題の場所やグルメはもちろん、季節の花が咲く穏やかで美しい東京も紹介していきたいです。よろしくお願いします。ブログ「お出かけ大好き みみみのごはん」もぜひご覧ください。 DISQUS ID @disqus_R2nedgvAdZ

東京2特派員トップにもどる

その他の東京都の特派員



東京都に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

東京2特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 東京2特派員 > 中央線の幻の駅「万世橋駅」でティータイムはいかが?