トップ > アジア > ベトナム > タインホア特派員 > ベトナムの鍋料理

ベトナムベトナム/タインホア特派員ブログ

ベトナムの鍋料理

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年10月19日

IMG_20181006_204559.jpg

ベトナムにもいろいろな鍋料理があると思うのですが、自分が一番よく食べるのはこのような鶏の鍋です。
特徴は、生姜が大量に入っている、鶏ダシの醤油味、薬草のような野菜が入っている、量が多い。
一泊の小旅行に行ったときなど、食中毒が嫌なので、安全な鍋料理を食べることが多いです。鍋料理は、目の前で火を通すので安心できます。

IMG_20181006_204606.jpg

大勢で旅行に行く場合は良いのですが、2人3人の場合、食材が多すぎることがほとんどです。2人分でいいから、減らしてくれと言っても、「そのような料理はない」と言われます。
写真の鍋料理を頼んだ時も、友人と2人だけでした。
半分も食べられませんでした。

IMG_20181006_204714.jpg

付けタレはなく、味の素と塩を混ぜたものにライム、唐辛子が付いて来ます。これにつけて食べるのだと思います。
もともと、ダシに味が付いていますから、取り皿があれば食べられます。

IMG_20181006_204622.jpg

写真ではわからないですが、生姜の短冊が鍋の底に大量に入っています。
生姜自体は、日本のものと同じなので、問題なく食べることができます。
しかし、日本では鍋料理に生姜を入れたことは、一度もありません。
魚や肉の煮込み料理で生姜は使いますが、鍋に入れたことはありません。
食べることはできるのですが、少し違和感を感じます。

IMG_20181006_204614.jpg

あと、鶏肉がかたいです。多分、若鳥ではなく、親鳥を使っているのだと思います。
ベトナム人に聞きますと、肉は少し硬い方がおいしいといいます。
親鳥の方が味があるのでしょうが、自分は歯があまり丈夫ではないので、少し食べにくいです。
豆腐は日本の木綿豆腐と同じものがあります。これは普通に食べられますし、おいしいです。

(写真撮影:sirokuma kun)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

sirokuma kun

ベトナム・タインホア特派員のsirokuma kunが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベトナムベトナム/タインホア特派員
名前:sirokuma kun

sirokuma kun

仕事の都合で、2012年にベトナムに来て、6年になります。住んでいるのは、タインホア省という地方都市で、ハノイの空港から車で3時間くらい南に下ったところです。ここは開発が進行中で、今ちょうど、市内が大きく変わっているところです。街中の景色の変化、食べ物、風俗の変化、観光地の様子をお伝えしてゆこうと思っています。 DISQUS ID @disqus_tXKJwTwhBM

タインホア特派員トップにもどる

その他のベトナムの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

タインホア特派員トップにもどる

トップ > アジア > ベトナム > タインホア特派員 > ベトナムの鍋料理

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について