トップ > アジア > ベトナム > タインホア特派員 > ベトナムの朝食はこれ、ブンチャー

ベトナムベトナム/タインホア特派員ブログ

ベトナムの朝食はこれ、ブンチャー

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年9月25日

IMG_20160502_103429.jpg

ベトナムの麺料理で、フォーと同じくらいよく食べられるのがブンチャーです。
ビーフンのような、ゆでた麺を、甘酢タレにつけて食べます。
日本のソーメンのような太さなのですが、麺の原料は米で、こしがありません。
ゆで麺を水でほぐして、取りやすくすることもありません。
麺が引っ付いていますから、塊のままタレにつけて食べます。

IMG_4703a.jpg

甘酢タレは透明で、唐辛子のからみを加えています。
このタレの中に、よく焼いた豚肉が何切か入っています。
この焼いた豚肉は、タレに香ばしさとコクを付け加えます。
ベトナム人がおいしいというブンチャーは、このタレの味がしっかりと付いています。
美味しくないという店は、タレが水っぽくて味が薄い感じです。

IMG_20160502_103423.jpg

ベトナム人の友人に、「ブンチャーをよく食べる?」と聞くと、彼は「毎日食べる。朝ごはんは毎日ブンチャー。みんな朝ごはんはブンチャーを食べる。」と言っています。
「どこで食べるの?」「? どこででも。朝、仕事に行く途中、道端でどこででも売っているので、好きな場所で食べる。ブンチャーを食べるために、店を探す必要はない。」とのことです。

IMG_4715a.jpg

店でブンチャーを注文すると、一緒についてくるのが、皿一杯の生の香菜と揚げ春巻きです。
自分は、香菜は苦手なので手を付けないのですが、春巻きはおいしいです。
香菜に手を付けなければ、日本人にも違和感のない料理だと思います。

IMG_4704a.jpg

(写真撮影:sirokuma kun )

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

sirokuma kun

ベトナム・タインホア特派員のsirokuma kunが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベトナムベトナム/タインホア特派員
名前:sirokuma kun

sirokuma kun

仕事の都合で、2012年にベトナムに来て、6年になります。住んでいるのは、タインホア省という地方都市で、ハノイの空港から車で3時間くらい南に下ったところです。ここは開発が進行中で、今ちょうど、市内が大きく変わっているところです。街中の景色の変化、食べ物、風俗の変化、観光地の様子をお伝えしてゆこうと思っています。 DISQUS ID @disqus_tXKJwTwhBM

タインホア特派員トップにもどる

その他のベトナムの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

タインホア特派員トップにもどる

トップ > アジア > ベトナム > タインホア特派員 > ベトナムの朝食はこれ、ブンチャー

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について