トップ > アジア > 台湾 > 台北特派員 > 明日は端午節!台湾の粽はどんなもの?

台湾台湾/台北特派員ブログ

明日は端午節!台湾の粽はどんなもの?

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年6月17日

明日は旧暦の5月5日「端午節」、
台湾は端午節の祝日で月曜日までの3連中です。


台湾では端午節に「粽子(ちまき)」を食べる風習があります。

端午節にちまきを食べるようになったのは、
その昔、楚の国の屈原という名の政治家が
ライバルたちの陰謀によって失脚し、
それを憂いて川に身を投げて自殺してしまい、
多くの人に大変慕われていた彼の死を悼んだ村人たちが、
川に浮かぶ屈原の遺体が川の魚たちに食べられるのを防ぐため、
竹筒に米を入れて、魚たちに食べさせ、
それが現在の端午節にお供えするちまきに
なったと言われています。

屈原の命日が旧暦の5月5日であったことから、
端午節に笹の葉でお米を包んだ粽を食べる風習が始まり、
無病息災や厄除けを祈る日になっています。


さらにその時、川に米を投げ入れるために
多くの村人が船にのったことから
端午節にドラゴンボートレースをするように
なったとも言われています。




台湾のちまきは日本の甘いお団子とは異なり、
中華ちまきと呼ばれるおこわを笹の葉で包んだものです。

P5239254 - コピー.JPG


台湾のちまきと言えば、笹の葉で作った三角形が特徴ですが、
これには魔除け、厄除けの効果があるといわれます。


台湾のちまきは大きく分けて北部式と南部式の2種類があります。

P5239255 - コピー.JPG

台湾北部でよく食べられるちまきは炒めたもち米に豚の角煮や、
塩漬け卵の黄身、ピーナツなどを入れて笹の葉で包み蒸したもの、
南部でよく食べられるちまきは洗ったもち米とピーナツや
しいたけ、栗などの具材を入れて笹の葉で包み茹でて作ります。

一般的に北部ちまきのほうが油っぽく、味付けも濃いと言われ、
南部のちまきは茹でているのでもっちりして、優しい味付けと言われます。


最近は北部式、南部式問わず、たくさんの具材を入れるのが主流で、
もち米と豪華な具材がたっぷり入ったちまきは
1つ食べればお腹いっぱいになるほどです。

P5239258 - コピー.JPG


デザート風の甘いちまきもあり、
これは紫米にあんこを入れたおはぎ風のちまきです。

P5229251 - コピー.JPG




各レストランやホテルでは趣向を凝らしたちまきが発売されたり、
市場やお店にちまきが並ぶのは毎年の風物詩にもなっています。




端午節の時期に台湾を訪れたら、ぜひちまきを食べて
台湾の伝統文化を味わってみるのもいいですね!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Mikiko

台湾・台北特派員のMikikoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

台湾台湾/台北特派員
名前:Mikiko

Mikiko

台湾人と国際結婚し、2011年より台北在住。台湾現地旅行社にて台湾国内旅行を担当後、現在は旅行業の経験を生かし台湾情報を伝えるライター、ブロガーとして活動中。趣味は写真撮影と食べ歩き。美味しいものや目新しいものが大好きで、台湾全土のローカルフードやトレンドグルメを食べ歩いている。台湾人よりも台湾のグルメ情報に詳しい、と言われるほどのくいしんぼう女子。
HP
Instagram DISQUS ID @disqus_XZaCUlnjRE

台北特派員トップにもどる

その他の台湾の特派員

タイペイ(台北)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

台北特派員トップにもどる

トップ > アジア > 台湾 > 台北特派員 > 明日は端午節!台湾の粽はどんなもの?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について