トップ > アジア > 台湾 > 台北特派員 > 台湾東部で発生した地震について

台湾台湾/台北特派員ブログ

台湾東部で発生した地震について

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年2月 7日

昨夜2月6日23時50分に、台湾東部の花蓮縣周辺の海を震源とする
マグニチュード6.0の地震が発生しました。

現在分かっている情報では、
花蓮市内の4棟のビルが大きく傾いており、
この地震の影響で亡くなった方が4名、
けが人が247人にのぼり、82人が行方不明の状態です。
日本台湾交流協会(大使館にあたる機関)からの情報によると、
現在日本人2人も病院での治療を受けているとのことです。
(台湾時間2月7日15時現在)

地震発生から14時間経過した現在も傾いているビルにて救助作業が続けられています。

この地震の影響で、現在も花蓮市の約3万5,000世帯が断水状態になっており、
60戸で停電が続いています。(台湾時間2月7日15時現在)

花蓮の観光地「太魯閣(タロコ)渓谷」は現在封鎖されており、再開の時期は未定です。


台湾では2月4日より地震が多々発生しており、
専門家の見解によると約2週間は地震が頻発する予想だとのことです。


台北でも体に感じる揺れがありましたが、
現在は特に大きな被害もなく通常通りに過ごしています。
台北では、ライフライン、交通など平常通りです。


台湾新幹線は平常運行、台湾鉄道は花蓮エリアも合わせて平常運行しています。
台湾国内線飛行機も影響なく運行しています。


昨夜から余震と見られる大小含め100回以上もの地震が発生している状態で、
台北でも何度か揺れを感じています。

どうかこれ以上被害が広がらず、
多くの命が救助されることを祈っています。

そして亡くなった方のご冥福をお祈りし、
花蓮の皆さんの気持ちが早く癒えるように願います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Mikiko

台湾・台北特派員のMikikoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

台湾台湾/台北特派員
名前:Mikiko

Mikiko

台湾人と国際結婚し、2011年より台北在住。台湾現地旅行社にて台湾国内旅行を担当後、現在は旅行業の経験を生かし台湾情報を伝えるライター、ブロガーとして活動中。趣味は写真撮影と食べ歩き。美味しいものや目新しいものが大好きで、台湾全土のローカルフードやトレンドグルメを食べ歩いている。台湾人よりも台湾のグルメ情報に詳しい、と言われるほどのくいしんぼう女子。
HP
Instagram DISQUS ID @disqus_XZaCUlnjRE

台北特派員トップにもどる

その他の台湾の特派員

タイペイ(台北)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

台北特派員トップにもどる

トップ > アジア > 台湾 > 台北特派員 > 台湾東部で発生した地震について

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について