× 閉じる

トップ > オセアニア > オーストラリア > シドニー特派員 > 渡す?それとも不要?オーストラリアでのチップ

オーストラリアオーストラリア/シドニー特派員ブログ

渡す?それとも不要?オーストラリアでのチップ

カテゴリー:お金・通貨・両替 / レストラン・料理・食材 / 旅行・ツアー・ホテル / 生活・習慣・マナー 投稿日:2016年8月17日

チップ...国によって習慣が違うので、海外旅行においてはちょっとした困りものですよね。


かくいう私は、ホテルで働いている関係上チップを頂くことがたびたびあるのですが、非チップ国の日本人ですのでいまだに頂くときの動作がぎこちないです...。

DSC_0326.JPG


ともあれ、今回はオーストラリアでのチップ事情はどうなっているのか、ということに触れたいと思います。


結論から先に言いますと、基本的にこの国ではチップは、「感謝して頂くが必須ではない」(英語で言うと、appreciated but not expected)という感じです。必ずチップを渡さないといけない、というシチュエーションはまずないと言ってもいいでしょう。でも、何かパーソナルなサービスを受けた時にはチップを渡すと感謝されます。逆に言うと、サービスが良くなかった場合は渡さなくても全く構いません。


渡し方ですが、別に封筒に入れたり、握手しながら渡すなんてことをしなくてもよく(スマートですが)、現金をそのまま渡してもオーケー。また、レストランなどでクレジットカードで支払いをする場合は、本来の請求額にチップを足して清算してもいいですし、別にチップを現金で渡してもいいでしょう。シチュエーション別に例を挙げてみますと...


ホテル:例えばポーターに荷物を部屋まで運んでもらった時などにはチップを渡すといいですね。2ドルくらいで十分です(自分の部下たちがポーターなので、あまり甘やかさないでください...なんて)。さて、コンシェルジュ。自分の仕事なのでちょっと書きにくいですが、道案内とか、レストランの予約などといった普通のサービスを受けたくらいなら別にチップを渡さなくてもいいでしょう。ただ、予約の取りにくいレストランやチケットを取ってくれた、そのレストランがとてもよかった、などといった場合には、サンキュー!という意味でチップを渡してもいいでしょう。


レストラン:カジュアルな場所ならチップを渡さなくてもいいですし、お釣りを渡すくらいでも十分です。ただ、高級なレストランなどに行った場合は5-10%ほどのチップが相場でしょうか。これも、例えばあまり美味しくなかった、サービスがいまいちだった、なんて場合はチップをしないというのもオーケーです。


タクシー:基本的にチップは不要ですが、荷物がたくさんあってその出し入れを手伝ってくれた、なんて場合には少しあげるといいかも。これもお釣りを残したり、1-2ドル程でいいでしょう。


ツアーガイド:これも基本的には渡さなくてもいいと思いますが、特別なことをしてくれたような場合には渡した方が喜ばれます。最低でも5ドルくらいは渡した方がいいのかな?


こうして実例を挙げていきますと、パーソナル・スペシャル度に比例してチップの必然性、金額が増す、という法則が浮かび上がってきたようですね。チップ必然性の法則...何かいい名称をつけられるかな?


受ける側の正直な気持ちを言えば、やはりチップを頂いたお客様は印象が残りますし、その気配りを有難く思い、次回会った時にはもっといいサービスをしたい、と思うものです。ただ、繰り返しになりますがオーストラリアではチップの必然性は基本ありませんので、結局は自分の気持ちにしたがって決めればよいと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田中 秀尚

オーストラリア・旧シドニー特派員の田中 秀尚が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/旧シドニー特派員
名前:田中 秀尚

田中 秀尚

【Hidetaka TANAKA】
シドニー在住16年。現地のホテル学校に通った後、市内4スターホテルのポーターの職を得る。シドニー生活を楽しんでいるうちにコンシェルジュとなり、06年にはル・クレドール(コンシェルジュ協会)のメンバーとなる。現在はウェスティン・シドニーのコンシェルジュとして、シドニーの見所、穴場などをゲストにご案内している。おいしい食べ物、お酒、そして走るのが趣味。

シドニー特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

シドニーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

シドニー特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > シドニー特派員 > 渡す?それとも不要?オーストラリアでのチップ