× 閉じる

トップ > オセアニア > オーストラリア > シドニー特派員 > アイスクリーム味の美味な果実「カスタードアップル」

オーストラリアオーストラリア/シドニー特派員ブログ

アイスクリーム味の美味な果実「カスタードアップル」

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2009年5月 9日

オーストラリアは果物の種類が豊富でとってもおいしいことでよく
知られています。中でも、ぜひ試してほしいのがカスタードアップル。
まったりと濃厚でとろけるような食感はまるでアイスクリームみたいで、
「これが自然の甘さ?!」とびっくりしちゃいます。「美味」という表現が
ぴったりの上品な風味で、見た目と味がこれほど違うフルーツって
ほかにはあまりないんじゃないでしょうか?


200905custardapple.jpg

この前買ったのはキロA$6(約450円)ちょっとでした


品種によっては味に個体差があると言われるようですが、オーストラリア産の
カスタードアップルに関して言えば、「ハズレ」はまずありません。おいしく
食べる一番のポイントは、買った後熟れるまでの間、常温で置いておくこと。
追熟性果実のため、たいてい固い状態で売られていますが、そのまま冷やすのはNG。
キウイが日本に入り始めたばかりの頃も、追熟性果実をおいしく食べる方法が
知られていなかったために、当初は不人気だったそうですが、カスタードアップルが
甘くなかった……という人に聞いてみると、冷やしちゃったり、食ベ時を
間違えてたりってことが多いのです。

緑色の外皮が黒っぽくなってきたら、触って食べ頃をチェック。アボカドが
熟すような感じで、やわらかくなっていればOKです。そうなれば冷やすのも可。
ちなみに我が家では、「皮を剥いて、ナイフで切って、スプーンで食べる」
なんていうお上品な食べ方はしません。ひねるようにすれば簡単に手で割れるので、
芯を除いてちょうどいい大きさに分けたら、そのままかぶりつき♪
後はスイカのように、白い果肉を食べた後、大きな黒い種だけ出せばOKです。


とっても甘くて糖度は25度にもなるのに、カロリーはそれほど高くなく、
ミネラルやビタミン類などが豊富で栄養価の高いカスタードアップルは、
世界三大美果の一つであるチェリモヤを品種改良したもの。もともとは
南米のアンデス山脈が原生地ですが、世界各地で改良されたさまざまな仲間が
出回っていて、アテモヤやバンレイシ(釈迦頭)といった名前がよく知られています。
日本でも、沖縄や和歌山、静岡などで栽培されているそうですが、まだまだ
珍果の域ですよね。


オーストラリアでカスタードアップルが出回るのは秋から春先頃まで。
これからしばらく旬が続きますので、食べたことのない方はぜひ! 
感動することウケアイです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

南田 登喜子

オーストラリア・旧シドニー特派員の南田 登喜子が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/旧シドニー特派員
名前:南田 登喜子

南田 登喜子

オーストラリアを皮切りに、7年かかって五大陸70ヵ国余りを放浪。生活経験のある海外10都市をはじめ、世界中にステキな街がたくさんあることを実感したものの「やっぱりオーストラリアが好き!」で振り出しに戻る。フリーライターとして活動する一方、フォトグラファーのパートナーと共にエコツアー会社IECオセアニアを経営。URL:だから!やっぱり!オーストラリア

シドニー特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

シドニーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

シドニー特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > シドニー特派員 > アイスクリーム味の美味な果実「カスタードアップル」