トップ > ヨーロッパ > マケドニア > スコピエ特派員 > ベオグラード(スコピエから車で5時間)社会見学?

マケドニアマケドニア/スコピエ特派員ブログ

ベオグラード(スコピエから車で5時間)社会見学?

カテゴリー:通信・携帯・インターネット 投稿日:2009年8月27日

セルビア共和国の首都、ベオグラードまではスコピエから車で約5時間の道のり。スコピエからも多くのマケドニア人がビジネスに、そしてショッピングに気軽にいく。というのも、ビザが必要ないから。マケドニア人はいつも、陸の孤島に住んでいるみたいだ。といって嘆く。ギリシャに行くのもブルガリアに行くのも、ビザが必要だからだ。
勿論、セルビアは旧ユーゴの国の一つであった訳で、ベオグラードは旧ユーゴの首都であった。旧ユーゴの人達は必ずセルビア語を学ばないといけなかった。

ベオグラードは、ドナウ川とサヴァ川が交わる場所に位置する。こういう場所は古くから交通の重要な場所であり、さかのぼること6500年前に、人々はベオグラードに住み始めたから、おのずと歴史遺産も豊富である。おまけにこういう場所は、どの民族にとっても魅力的な訳で、
侵略、殺戮が繰り返された。

(見所などは『地球の歩き方』*中欧 を読んでいただければいいので、私の私感でセルビア人や、ベオグラードの感想を書きます)

まず、ベオグラードに車で入って感じたことは、街全体が薄汚れている感じがしたこと。事実、鼻がむずむずしたのは私だけではなく一緒に行った人達。ポルーションは極度に高く、冬に至っては最悪である。お金のない人達は燃やせる全てのものを暖炉に燃やし暖をとる。

次に目にしたものはNATO軍によってピンポイント攻撃された市庁舎と防衛庁の建物。コソボ紛争のときのものだ。放置、されたまま。何故、これ見よがしに、おいてあるかということを、考えてください。

人々の表情は、マケドニアに比べて明るさがない気がする。それは、やはり、約10年前の恐怖によるものだと思ってしまう。約10年前にセルビア人が自分たちの街に爆弾が落とされるのを見、破壊を体験した訳だから。

後、話題にしてはいけないことは コソボ独立 について。セルビア人はとてもフレンドリーだが、とてもナショナリズムの強い国。一緒に食事をし、楽しく笑い合っていたのに、私がこのことを話題にしたとたんに人々の表情がこわばり、信じられないくらいの民族意識を肌で感じた。

あと、ベオグラードを訪れる人におすすめしたいのが、私の泊まった個人経営のホテル。部屋数は7つ、と少ないが120ユーロで豪華な部屋とおいしい朝ご飯がついてくる。(普通、バルカンの国を旅する時、おいしいコーヒーとおいしい朝ご飯は期待しないが、ここではおいしいパンに、バルカン独特のコーンブレッド、手作りジャムいりクレープ、果物、おいしいコーヒーおかわり自由)各部屋に素敵なバルコニーとお風呂がついているし、オーナーも感じのいい人であった。かわいい、ミニッツという名前の犬もいた。
今回は一泊だけだったが、2、3泊したい感じのホテル。

Villa Belvedere
Ul.Dr Nedeljka Ercegovca 39,
11080 Belgrad
+38111/3160-433
+38163/280-244

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

佐川 知子

マケドニア・スコピエ特派員の佐川 知子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マケドニアマケドニア/スコピエ特派員
名前:佐川 知子

佐川 知子

スコピエ特派員トップにもどる

マケドニア その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

スコピエ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > マケドニア > スコピエ特派員 > ベオグラード(スコピエから車で5時間)社会見学?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について