トップ > ヨーロッパ > マケドニア > スコピエ特派員 > マケドニアは危険な国か,危険じゃない国か(多くの方のご要望にこたえて)

マケドニアマケドニア/スコピエ特派員ブログ

マケドニアは危険な国か,危険じゃない国か(多くの方のご要望にこたえて)

カテゴリー:通信・携帯・インターネット 投稿日:2009年5月22日

マケドニアを旅行するにあたって,一番気になることは、危険か,危険ではないか。ということだろうと思います。どこまでを危険という言葉が使われるのか,は別として私のマケドニア滞在3年間を通して具体的に書いて行きますので、ご自分で危険か,危険ではないかを判断してください。

1,私は交響楽団に属していますので,コンサートの帰りが遅くなりますが一人で平気で歩けますし、人通りも多いです。
2、マケドニアはナイトライフが充実していて(クラブやカフェ)老若男女問わず楽しくおしゃべりをしています。
3、セルビアの首都,ベオグラードやブルガリアの首都,ソフィア、クロアチアの首都、ザグレブより、人々の感じが明るいです。(私の感覚では,ソフィアの夜の一人歩きは一寸、、)
4、旧市街(トルコ人やアルバニア人が多い)はお店が夜の9時になるとしまるので人通りが夜は少なく,明かりも少ないので一寸怖い感じがしますが私が10回以上一人で歩いた経験に寄ると,東京の歌舞伎町よりは安全だとおもいます。
5、スコピエ市から離れた村(特に山間、アルバニア勢力とマケドニア勢力がぶつかったあたり)は、一般のマケドニア人も,タクシーも近づきません。私も,外交ナンバーで何回かいってみましたが爆破された家や、破壊された墓場、破壊された学校、教会,モスク、などがあり、まだまだ怨恨が渦巻いている感じがします。この辺の村の人は皆、銃をもっているともいわれています。興味本位の写真は絶対、してはいけません。
こんな事件もありました。マケドニア人の女性がアルバニア人によってレイプされ警察がしらべにいったところ射殺され射殺した男もレイプした男も村全体でかくまっており,,というような状態の場所です。この辺りに行くことは社会見学、以上で、とても危ないです。
6、私は考古学者の友達と音楽家の友達が多いですが、とてもホスピタリティーにあふれ親切。知らない人も本当に親切であたたかいです。
7、ロマ人の子供に財布をすられました。お金をあげないと執拗にねだりますが無視するのが一番です。私を訪ねてくれた多くの友人はわたしがロマの子供にお金をあげないのを、『貴方、変わったわね!|といいましたが、これは私の苦い経験からよるものです。
乞食の人たちは多くがマフィアに属していて,大元締めが半分以上をふんだくります。お腹がすいているだろう、とパンを買って渡したところ、こんなものいらない、とばかり捨てられたこともありました。見るも哀れな足のない,老人にお金を渡そうとしたところ、横からロマ人の子供が横取りしようとし、足がないとおもわれた老人がいきなり子供を負って走り出し、、。このような経験によって、無視することが一番だ,ということに気づいた訳です。確かに,社会制度がきちんとしていない、という批判につながるわけですが日本的常識に基づいてかんがえると頭がおかしくなりそうです。

マケドニアの危険度、についてご参考になったかどうかわかりませんが。又,メールをくださったらお答えします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

佐川 知子

マケドニア・スコピエ特派員の佐川 知子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マケドニアマケドニア/スコピエ特派員
名前:佐川 知子

佐川 知子

スコピエ特派員トップにもどる

マケドニア その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

スコピエ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > マケドニア > スコピエ特派員 > マケドニアは危険な国か,危険じゃない国か(多くの方のご要望にこたえて)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について