トップ > アジア > シンガポール > シンガポール特派員 > [パリ]パラスホテルの三ツ星レストラン「Le Cinq」

シンガポールシンガポール/シンガポール特派員ブログ

[パリ]パラスホテルの三ツ星レストラン「Le Cinq」

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年7月 4日

Four Seasons Hotel George Vの三つ星のメインダイニング、Le Cinq。

th_1IMG_7838.jpg

厨房を率いるのはChristian Le Squerシェフは、Ledoyenで2002年に三ツ星を獲得、2015年から、Le Cinqの指揮を取っています。
なんとお邪魔した時はシンガポール出張中でお目にかかれなかったのですが、そんなLe Cinqのランチにお邪魔してきました!

th_1IMG_7851.jpg


パラスホテルならではの、フレンドリーかつ上品な、付かず離れずのサービスは、とても居心地の良いものでした。一人での訪問だったのですが、目の前の席には、たくさんのバラの花びらが飾られていました。こんなロマンティックな演出をさらりと行うあたりも、さすがです。

th_1IMG_8861.jpg

スタートは、Jean-Marc Sélèqueのロゼのシャンパン。ロゼの色は、マセラシオンと、赤ワインのブレンド、両方から。かすかに、乳製品の香り、バニラ、ミルクチョコレートのニュアンスも感じました。

th_1IMG_8857.jpg

Our "Mises en bouche"

th_1IMG_8863.jpg

アミューズは可愛らしいプレゼンテーションの人参、薄いカカオバターのシェルの中には人参とオレンジジュースが入っていて、人参のパウダーがかけられています。葉はマージョラム。奥のさくらんぼにも、チェリーとアーモンドのジュースが。本物のチェリーの軸を使ってあるので、一瞬本当のチェリーと見間違えそうなほど。
真ん中はクリスピーなチップに海藻の粉とアボカド、黒にんにくのクリームを乗せて。


コンテチーズとヘーゼルナッツの、甘くないタルト。さっくりとしたタルト生地の中の、コンテチーズのクリームが熟したチーズのように感じられます。

th_1IMG_8871.jpg

ボルディエのバター、バゲット。

th_1IMG_8879.jpg

トマトのニョッキは、トマトウォーターと、なんと葛粉を使った、透明で柔らかい食感のもの。バジルオイル、トマトウォーターのフォーム、マージョラムの葉、ラズベリーの粉、下には黒オリーブのピュレが敷いてあります。

2本目のワインは、トロッケン、辛口のリースリング。
Peter Jakob Kühn Jacobus Riesling Trocken 2016

th_1IMG_8886.jpg

Dublin bay prawn from Brittany warm mayonnaise, crunchy buckwheat pancake

th_1IMG_8890.jpg

ふわふわの食感のブルターニュ産のラングスティーヌに、細かく刻んだイタリアンパセリ 、ドライトマトを乗せて。蕎麦のチュイルは、ブルターニュの郷土料理、蕎麦粉のクレープから。

th_1IMG_8894.jpg

ヘーゼルナッツオイルと海老の頭から取った出汁を添え、上から泡状のマヨネーズを乗せて。皿のドットは、緑がディルとわかめのジェル、紫は赤い海藻のジェルでした。


3本目は、酸味は少ないけど桃のような香りがあるコンドリュー。

th_1IMG_8900.jpg

はっきりとしたミネラルがあり、金木犀、フリージアのようなフローラルな香り。ピーチヨーグルトのような優しい味わいですが、後味の苦味がアスパラガスと合います。


Truffled green asparagus Chateau Chalon wine mousse

th_1IMG_8901.jpg

アスパラガスは、黒トリュフのクリーム、グレープフルーツのジェル、アスパラガスのアイスクリーム、ジュラの黄ワインのソースを添えて。

th_1IMG_8906.jpg


しっかり目に火を通したアスパラは、穂先のほっくりした旨味と甘さ、根元のジューシーさとほのかな苦味が楽しめ、クルトンが食感のアクセントに、ミルクスキンが自然な練乳のような濃厚さを加えます。

ジュラの黄ワインのソースの香りとクリーミーさが、コンドリューのワインとよく合っていました。

Gratinated onions contemporary "Parisian style"

th_1IMG_8922.jpg


オニオングラタンの再構築。細かく刻んだ玉ねぎのソテーをパルメザンチーズで固めて丸いケーキ状にして、表面を焦がしたものの上に、小玉ねぎのような形のものは、玉ねぎのピュレを分子料理学の手法で表面をゼリー状にして、内側からプチっと液状のピュレが出てくるように工夫したもの。玉ねぎをキャラメリゼした、油脂をあまり加えないさっぱりとしたソース、サイドにはマージョラムのピュレが添えてあります。

th_1IMG_8923.jpg

合わせたのは、ランシオの香りがキャラメリゼのニュアンスとよく合う、1985年のマディラ。ナッツやバニラの香りを皿の外から加えるような役割を果たします。「マディラ酒は素晴らしいワインというのが忘れられているのは残念なこと。こうして合わせると、料理にも合うんですよ。最近、このペアリングが流行し始めていて、嬉しいですね」とのこと。
シャンパングラスのような口の狭いグラスでサーブするのは、長い年月を経たワインだけに、香りを逃さないように。

そして、特に気に入ったのが
Line-fished sea bass caviar / buttermilk from my childhood

th_1IMG_8931.jpg

約300度の高温のプランチャで、身から出る油だけで焼き上げたというフワフワのシーバスの身、皮目に甲殻類やヘーゼルナッツの香りがあり、それにバターミルクのフォームを合わせて。フランス・アキテーヌ地方のキャビア、季節の野菜、スティックブロッコリーをソテーしたものを添えて。

Morel mushrooms / ham truffle spaghetti

th_1IMG_8963.jpg

スパゲッティの器の中にモリーユとトリュフの、ニンニクを効かせたクリーム煮を詰めて。上にもモリーユ、脂身の少ないハムをのせて。

th_1IMG_8979.jpg

パスタは柔らかくなる手前まで茹でてから形を作り、パルメザンチーズで固め、中にクリーム煮を入れて上から蓋をするのだとか。


Domaine Jamet Cote Rotie
スミレ、ほのかに青ピーマンと鉄の香りを感じるローヌ地方のシラーズと合わせて。

th_1IMG_8965.jpg


Cheese

th_1IMG_8986.jpg

th_1IMG_8988.jpg

良い熟成具合のチーズに合わせたのは、中がしっとりとした、焼きたての杏とヘーゼルナッツのパン。

th_1IMG_8992.jpg

th_1IMG_8991.jpg

Dairy iced yeast flavor

th_1IMG_8998.jpg

デザートは、Maxime Frédéricペストリーシェフによるもの。
イーストのムースとアイスクリームという、面白いデザートです。ブルターニュ出身のLe Squerシェフだけに、ここまでもブルターニュの郷土の味がそこここに散りばめられていましたが、こちらも、地域特産のクリームの味を前面に押し出したもの。クリームとミルクの中に砂糖とパンに使う天然酵母を入れて、45度で45分間発酵させたものがベースになっています。少しもっちりとした印象で、香ばしいパンの香りがありました。
さらに上質なバニラを使ったムース、下はふわふわの柔らかい甘いメレンゲ。飴をごく薄くしたような板状のもの。とても印象的なデザートでした。

th_1IMG_9007.jpg

Crunchy grapefruit preserved and raw

th_1IMG_9012.jpg

一番下は、グレープフルーツの皮のコンポート、間には果汁のソルベ、そして果肉のコンポートの上には薄い飴。キャラメルとバジルのソースを添えて。
グレープフルーツの甘みと酸味だけでなく、すっきりとした苦味をしっかりと感じる組み合わせで、ソーテルヌに合うように作られた、ということで、一緒にいただきました。

th_1IMG_9019.jpg

ソーテルヌのボリュームのある甘みを、グレープフルーツの苦味がさっぱりとさせる、デザートもワインもどちらも主役になるような、とても上質なコンビネーションでした。

小菓子はワゴンで。

th_1IMG_7942.jpg

Ledoyen時代から4年以上Le Squerシェフと働いているという、古賀隆稚さんに、キッチンも見せていただきました。

th_1IMG_7958.jpg

th_1IMG_7955.jpg

タマネギや、今回はいただきませんでしたが、ブーダンノワールなど、本来は「質素」と思われて来た食材をパラスのレベルにまで引き上げるのは、Le Cinqに就任するやいなや三つ星を獲得したというLe Squerシェフならでは。

th_1IMG_9028.jpg

th_1IMG_9030.jpg

クラッシックな味わいを保ちながら、モダンな手法も取り入れ、高い技術で食感やプレゼンテーションを新しく変えて提供している料理の数々を楽しみました。

th_1IMG_9027.jpg

<DATA>
■Le Cinq (ル・サンク)
営業時間:ランチ 12:30~14:30、ディナー 19:00〜22:00、無休
住所:31 Avenue George V, 75008 Paris, France
電話:+33 1 49 52 71 54
http://www.restaurant-lecinq.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員の仲山 今日子が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

シンガポールシンガポール/シンガポール特派員
名前:仲山 今日子

仲山 今日子

元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

シンガポール特派員トップにもどる

シンガポールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

シンガポール特派員トップにもどる

トップ > アジア > シンガポール > シンガポール特派員 > [パリ]パラスホテルの三ツ星レストラン「Le Cinq」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について