トップ > 日本 > 新庄・山形特派員 > 宮沢賢治と松田甚次郎①

日本国内日本国内/新庄・山形特派員ブログ

宮沢賢治と松田甚次郎①

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年1月 9日

童話作家「宮沢賢治」の名を知らない方はいないのではないでしょうか?
実は山形県新庄市に賢治の教えを実践し、全国に賢治の名を広めた人物
「松田甚次郎」という人物がおりました。


「宮沢賢治」と「松田甚次郎」のお話を少ししたいとおもいます。
「松田甚次郎」は昭和42年3月3日新庄市内の鳥越の自作兼地主の
裕福な農家の長男として生まれたそうです。
DSC_4537.JPG
▲新庄市にある松田甚次郎像 〒996-0041 山形県新庄市鳥越1224 鳥越神社境内


盛岡高等学校農業化別科(現在の岩手大農学部)の卒業間際の賢治を訪ね、
賢治に「工作人たれ」、「農村劇をやれ」と諭されたそうです。
DSC_3139.jpg


DSC_6707.JPG
▲羅須地人協会(移築復元したもの) 〒025-0004 岩手県花巻市葛1-68 県立花巻農業高等学校地内


新庄に戻った甚次郎は賢治に感銘を受け、小作人となり村の青年を集め「鳥越倶楽部」を結成、
演劇活動もはじめました。舞台は村の八幡神社の境内にこしらえた土舞台でした。現在も土舞台は残っています。
IMG_20170928_231948_497.jpg
▲土舞台までの道  〒996-0041 山形県新庄市鳥越1224 鳥越神社境内

甚次郎は賢治の教えを実践し、それらの記録「土に叫ぶ」を出版。瞬く間にベストセラーとなり、
それを脚本した東京有楽座での人気を博しました。しかし、病気のため、34年の短い生涯を閉じました。

甚次郎が実践した精神と脈々と引き継いできた人々とともに、
新庄演劇研究会により、松田甚次郎の生涯を描いた舞台公演が新庄市で行われました。
松田甚次郎の精神は75年経った現在も引き継がれています。

【公演情報】
舞台 土に叫ぶ 松田甚次郎 ~宮沢賢治を生きる~
日時:平成31年1月27日(日)
場所:花巻市文化会館(岩手県花巻市若葉町3丁目16-22)
入場料:無料(要整理券)
詳しくは、"みんなで創る"地域ブランディング実行委員会(社会教育課内)まで。
電話:0233-23-5005

【企画展】
新庄ふるさとセンター企画展 松田甚次郎没後 75年展
日時:平成30年11月17日(土)~平成31年1月21日(月)
開館時間:9時~4時30分(最終入館は4時まで)
休館日:火曜日 
場所:新庄ふるさと歴史センター 2階歴史民俗資料展示室
(山形県新庄市堀端町4-74)
入館料:大人300円、高校生100円、小・中学生50円
展示資料:松田甚次郎著作、執筆原稿、自筆の書、最上協働村塾関係資料計50点

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

まつとみ

日本国内・新庄・山形特派員のまつとみが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/新庄・山形特派員
名前:まつとみ

まつとみ

新庄観光協会でお仕事をしている二人がディープな山形情報をお届け!おいしいもの大好き写真大好きです。四季折々の風景と山形県民の熱い人柄粋なお店などてんこ盛りでお届けします。みでケロな~(見てくださいね~!)
Facebook DISQUS ID @disqus_Eo1l3GHv66

新庄・山形特派員トップにもどる

その他の山形県の特派員



山形県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

新庄・山形特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 新庄・山形特派員 > 宮沢賢治と松田甚次郎①

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について