トップ > 日本 > 新庄・山形特派員 > 残したい日本の風景「田植え」

日本国内日本国内/新庄・山形特派員ブログ

残したい日本の風景「田植え」

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 生活・習慣・マナー / 自然・風景 投稿日:2018年6月 3日

「ひとりの小作人になれ、農村劇をやれ」
とまだ無名だったころの宮沢賢治に教えを受け、
農村改善運動に情熱を燃やし続けた新庄市生まれの農民活動家「松田甚次郎」
がいた。
甚次郎は東北地方の農村がもっとも疲れ切っていた昭和初期、
村を元気にしようと農民生活の向上と農村文化・芸術の確立に生涯をかけて取り組んだ人物である。

そんな昭和初期を経て今。6月7月は田植えの時期で農家は大忙しだ。
機械の性能もよくなり田植え機を使っての作業が主流の昨今だが、
手作業で皆一丸となって田植えを行う昔の日本の姿が見直されてきている。
34103748_1077327565738775_7094511049222651904_n (1).jpg
先日新庄市内で行われた田植え体験の様子である。
参加者は30名以上。県外からの参加者もいた。

昭和30年代~40年代にかけて田植定規(じょうぎ)という道具をころがして、
田んぼに苗を植える印をつけて行っていたが、現在も田植定規は大活躍。
34319895_1077327679072097_1086525673897459712_n.jpg
田植え定規を地面にあて、同じ間隔で植える。
温かくぬめっとした独特の肌触りも手植えだからこそ感じられる。
腰が痛くなる根気のいる作業だが、和気あいあいであっという間に時間が流れる。
34105944_1077327432405455_1521681559780851712_n.jpg

メディアの発達や多様性の影響で「昔(昭和後期)と比べて人間関係が希薄化している」と言われている現代。
確かに、地域の伝統芸能が消滅したり、年中行事も簡素化されてしまい、
家族や地域のコミュニティを中心にした繋がりで、親密な人間関係ができていた時代と比べると
人との繋がりは薄くなってしまった。

34160863_1077327552405443_8560047782897909760_n.jpg

しかし今もう一度みんなで一緒になって田植えを行う行事があるほど、
むかしの日本の暮らし方に向き合う人は多い。
紙媒体のイベント告知はもちろん、ネットでイベントを知り、
その日初めて会った人と一緒になって田植えを行う。
いまの時代だからこそできる新しい人間関係の築き方であると思う。
松田甚次郎の地域と社会を耕しつづけ叫び続けた思いはしっかり現代の
人の心に生きている。


今も昔も変わらぬ後世に伝えたい日本の風景だ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

まつとみ

日本国内・新庄・山形特派員のまつとみが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/新庄・山形特派員
名前:まつとみ

まつとみ

新庄観光協会でお仕事をしている二人がディープな山形情報をお届け!おいしいもの大好き写真大好きです。四季折々の風景と山形県民の熱い人柄粋なお店などてんこ盛りでお届けします。みでケロな~(見てくださいね~!)
Facebook DISQUS ID @disqus_Eo1l3GHv66

新庄・山形特派員トップにもどる

その他の山形県の特派員



山形県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

新庄・山形特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 新庄・山形特派員 > 残したい日本の風景「田植え」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について