トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 夏の日本天台三総本山の旅~明智光秀ゆかりの寺「西教寺」

日本国内日本国内/滋賀特派員ブログ

夏の日本天台三総本山の旅~明智光秀ゆかりの寺「西教寺」

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年9月 3日

2020年の大河で注目「明智光秀」
「日本天台三総本山 特別拝観券」で行く第3弾は、2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の制作発表で俄然注目が高まっている「明智光秀」。その明智光秀一族の菩提寺「西教寺」に行ってきました。



1mon.JPG

総門 撮影:Funazushi-maru


西教寺は比叡山の麓、坂本にある聖徳太子創建のお寺です。
日吉大社よりもさらに北に行った、見晴らしのいい場所にあります。


2shukubo.JPG

宿坊の上から琵琶湖を望む 撮影:Funazushi-maru


総門を入った先から勅使門まで真っ直ぐに参道が伸び、その両側には宿坊が整然と並んでいます。宿坊の屋根が並ぶ先には琵琶湖が・・・


4tearai.JPG

境内に映える緑 撮影:Funazushi-maru


境内の青々とした木々が暑さを紛らわせてくれますが、秋には色とりどりの紅葉となって目を楽しませてくれそうです。


5hondo.JPG

本堂 撮影:Funazushi-maru


shoro.JPG

鐘楼 撮影:Funazushi-maru


現在の本堂は紀州徳川家からの寄進にて上棟落成されたもので、江戸初期の特色を残したものになっています。


戦国時代、近江に進出した織田信長の軍による比叡山焼き討ちは有名でしょう。その災禍はこの寺にもおよびました。その後に坂本を収めたのが明智光秀。光秀は西教寺の檀徒となって復興に力を注ぎました。その際に坂本城の城門を移築したり、梵鐘を寄進したりしました。この鐘楼の鐘は坂本城の陣鐘ということです。




光秀の眠る寺

7honbo.JPG

大本坊 撮影:Funazushi-maru


天正年間には大本坊も光秀の助力によって再建されたました。この大本坊からは豊臣秀吉の伏見城にあった旧殿を移築したと言われる客殿や、


9teien.JPG

穴太衆ゆかりの庭園 撮影:Funazushi-maru


小堀遠州作の客殿庭園や、坂本を拠点に活躍した石積み職人の集団「穴太衆」ゆかりの庭園を見ることができます。




そして、大本坊の一間にいたのが、
8akechi.JPG

明智光秀・煕子 座像 撮影:Funazushi-maru


明智光秀とその内室 煕子(ひろこ)像。琵琶湖を見下ろすこの地にひっそりと仲良く並んで座っていました。


6akechi.JPG

明智一族の墓 撮影:Funazushi-maru


西教寺の復興に尽力した光秀。
明智家の菩提寺となった西教寺には一族の墓が祀られています。
天下取りに命を燃やし、天下統一を夢見た光秀の生涯・・・今から大河ドラマが楽しみです。




【西教寺】
〇場所:滋賀県大津市坂本5丁目13-1
〇TEL:077-578-0013
〇HP:http://www.saikyoji.org
〇アクセス:
 JR湖西線「比叡山坂本駅」下車 江若バス約7分(西教寺下車)
 京阪電車「坂本駅」下車 江若バス約4分(西教寺下車) 




この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

FUNAZUSHI-MARU

日本国内・滋賀特派員のFUNAZUSHI-MARUが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/滋賀特派員
名前:FUNAZUSHI-MARU

FUNAZUSHI-MARU

古より湖と街道の国だった近江。趣味の自転車で走るうち、そんな地元の魅力を再発見し日々ブログにて発信しています。東京から滋賀へと続く東海道・中山道は自転車で走破。五街道制覇が当面の目標です。守山市、草津市を中心に自転車で滋賀の魅力を届ける活動もしています!
ブログ:FUNAZUSHIの国から.work
びーもサイクル協議会HP DISQUS ID @disqus_IL7NPPr8QW

滋賀特派員トップにもどる

滋賀に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

滋賀特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 滋賀特派員 > 夏の日本天台三総本山の旅~明智光秀ゆかりの寺「西教寺」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について