トップ > 日本 > 札幌特派員 > 日本最北の街、稚内でごちそうに舌鼓の夜と朝。「旅館山一」

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

日本最北の街、稚内でごちそうに舌鼓の夜と朝。「旅館山一」

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2018年7月 6日

日本最北の街、稚内市で宿泊した「旅館 山一」。
噂に違わぬ、むしろ噂以上の料理を堪能しました。


11_1_YAMAICHI_P5190207.jpg


JR「稚内駅」より車で約5分。
とても家庭的な旅館です。


10_2_room_P5171076.jpg


客室は清潔で、浴衣と羽織、タオルが用意されています。
部屋によって、バス付き和室、アウトバスの洋室があります。


宿泊プランによって夕食のみのプラン、朝食のみのプラン、
夕食・朝食付きプランが選択できるほか、値段によって夕食の内容も選べます。


9_3_dinner_P5171071.jpg


不慣れな稚内への到着が20時頃だったので「夕食付でよかった!」と胸をなでおろし、
旅館の食堂に着席していたところ、並べられていく料理にどんどん目が丸くなっていきます。


8_4_seaurchin_P5171073.jpg


ピンポイントで最初に驚いたのは、この「ウニ」の盛りの良さ...。
さすが海の町、というだけでは言い足りない量です。
ふたり分ではありません。ひとり分の小鉢です。


7_5_smalldish_P5171072.jpg


季節の野菜などを使った小鉢料理もあります。
旅の途中には特に嬉しい地元家庭料理の味でもあります。


6_octopus_P5171070.jpg


天ぷらや新鮮な魚の焼き物、小鉢料理など
料理のバリエーションに顔をほころばせていましたが、メインはこれからでした。


5_7_octopuspot_P5171075.jpg


稚内名物の「タコしゃぶ」です!
ひときれのサイズも大きく、さらに具だくさん。


メインの「タコしゃぶ」に満足していましたが...


4_8_haircrab_P5171069.jpg


さらに訪れたサプライズは、ひとり1パイの毛ガニでした。
カニ味噌も堪能し、夢のようなごちそうです。


贅沢な夕食に驚きが連続の夜でした。


3_9_breakfast_P5190206.jpg


そして翌朝です。
前夜の夕食の余韻がまだ記憶に色濃く残っており、勝手に軽めの朝食を思い描いていました。


ところが朝食もいろいろな惣菜、ご飯のおともがあり、つい、朝から食欲全開に。


*  *  *  *  *


2_10_cramsoup_P5180204.jpg


再び夜の食事です。
連泊した際は食事内容が変わり、例えば前夜の小鉢料理に代わり"あさりのすまし汁"。
異なる趣向で海の街ならではの味を満喫しました。


1_11_pot_P5180203.jpg


そしてこちらも前夜のタコしゃぶに代わり、ぜいたくな寄せ鍋↑。


アットホームな旅館山一、こちらの夕食フルコースは、
一度味わってみたい旅先ならではの食事です。


【旅館 山一】
北海道稚内市港2-1-13
TEL: 0162-23-2818
*アクセス*
・JR「稚内駅」より車で約5分


この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > 日本最北の街、稚内でごちそうに舌鼓の夜と朝。「旅館山一」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について