トップ > 日本 > 札幌特派員 > 日本一の黄色い世界へ~滝川市の菜の花畑

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

日本一の黄色い世界へ~滝川市の菜の花畑

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年5月24日

5月23日に「菜の花ウィーク」が終了した滝川市の
「たきかわ菜の花まつり」に滑り込みで行ってきました。
(2017年の菜の花ウィークは5/15~5/23でした。)


たきかわ菜の花まつり


"Nanohanabatake kaijo(Site of field mustard)"
「菜の花畑会場」


2年ぶりの「たきかわ菜の花まつり」は、2017年は5/20・21。
札幌から車で向かったので、案内所になっている道の駅に車を停め、
菜の花ウィークの期間中のみ運行する「菜の花タクシー」(ひとり1,000円)で
見ごろの菜の花畑を廻ろうと思っていましたが、予想以上の人で急きょ予定を変更。


菜の花(北海道滝川市)


道の駅から少し離れた有料駐車場(1台300円)に駐車し、
そこから菜の花畑の中に展望台が設置されている「菜の花畑会場」へ行く
シャトルバスに乗りました。


菜の花ウィーク(滝川市)


NHKの朝のニュースで紹介された影響か、例年より入込数が多いそう。
週末で「たきかわ菜の花まつり」当日だったこともあり、
人出はとても多かったのですが、その人数に負けない一面菜の花の世界!
さすが、作付面積3年連続日本一の菜の花畑です。


菜の花畑のキカラシ(北海道滝川市)


通常、菜の花畑は作物として植えられており、畑に入ることはできませんが、
「菜の花畑会場」だけは、菜の花ウィークの期間のみ、畑の中に道が作られ、
その中を歩くことができます。


"Yellow rocket in the henbit"
その道端に生えている黄色いキカラシ。
ハルザキヤマガラシ、ともいうそうですが、
菜の花の隣にあると、ミニチュアの菜の花のようでかわいらしいです。


サクラと菜の花(北海道滝川市)


"Cherry blossoms and field mustard"
滝川市では、まだギリギリ花をつけている桜も。
サクラと菜の花のコラボ。


菜の花畑(たきかわ菜の花まつり)


黄色いうねりが風にそよいで波立っているような圧巻の黄色。
菜の花畑は、曇り空のほうが輝くような黄色がくっきり見える気がします。


菜の花ふりかけ


"Rice seasoning with petals and buds of field mustard"


菜の花畑会場で売っていた菜の花のふりかけ「なのはな畑」。
滝川市の松本農園さんがこの5月に発売したばかりだそうで、
ホンモノの菜の花の花びらが入っていてきれい!
菜の花の蕾・鰹節・梅・昆布・アオサも入っていて、ご飯が進みそうです。


通常、「道の駅たきかわ」やたきかわ農協直売所「菜の花館」で売っているそう。
おみやげにおススメします(30g・420円)。


滝川市の菜の花ウィークは終わりましたが、今週いっぱいくらいは
菜の花畑を楽しめる見込みとのこと。


札幌近郊では石狩市や当別町にも菜の花畑がありました。
菜の花畑を見るだけで、一層元気になれそうです。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > 日本一の黄色い世界へ~滝川市の菜の花畑

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について