× 閉じる

トップ > 中南米 > ブラジル > サンパウロ特派員 > ブラジルのイースター(Páscoa/パスコア)

ブラジルブラジル/サンパウロ特派員ブログ

ブラジルのイースター(Páscoa/パスコア)

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2014年4月20日

はじめに
この一ヶ月程、どこのスーパーでもこんな飾り付けがされています。


本日4月20日(日)はイースター(復活祭/パスコア/Páscoa)なので、卵型のチョコレートがつり下げられたアーチが作られています。



頭上に卵形チョコレートがびっしり

(写真左)ビールの缶よりも大きなサイズ。 (写真右)中は空洞になっていて、更にチョコレートや、子供用の小さなおもちゃが入っていたりします。

ブラジルでは親しい人達とチョコレートを交換し合う風習があるので、
この時期は1年で一番チョコレートが売れるそうです。
復活祭前日はチョコのセールが始まっていて、5つも6つも大きなチョコを買い込む人の姿が見られました。


パスコア(Páscoa)とは
キリストが十字架に架けられてから3日目に復活したことを記念する、キリスト教の中でも最も大事な祭日の一つです。
ブラジルに限らず、各国で祝われるイースターですが、ブラジルではパスコア(Páscoa)という名前で呼ばれます。 
「北半球の春分の日を過ぎて最初に迎えた満月の日の後の日曜日」がパスコアの日曜日に設定されるため、パスコアの日曜日は毎年変わります。


金曜日がキリストが十字架に架けられた日が「聖金曜日/Sexta Feira Santa(Sexta Feira da Paixão)」、その日から数えて3日目の日曜日が「パスコアの日曜日/Domingo de Páscoa」と呼ばれています。

聖金曜日には肉食を控え、魚を食べる習慣があります。

チョコレートが卵形だったのは、卵は新たな命の始まり、という意味が込められているからだそうです。


おわりに
やっぱりありました。ワールドカップ仕様のチョコレート!


参考HP→ Significados.com.br
関連記事→2014年/サンパウロの祝祭日カレンダー

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Aline(アリーニ)

ブラジル・サンパウロ特派員のAline(アリーニ)が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブラジルブラジル/サンパウロ特派員
名前:Aline(アリーニ)

Aline(アリーニ)

2013年半ばからサンパウロに住み始めました。ブラジルも南米も初めてです。 主婦業と学業の側、サンパウロの魅力を探し出すべく、西へ東へ日々歩きまわっています。特派員ブログを通してこれから来伯される皆様のお役に少しでも立てる様に、また、多くの方にこの街に興味を持って頂ける様頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします!

サンパウロ特派員トップにもどる

その他のブラジルの特派員

サンパウロを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンパウロ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > ブラジル > サンパウロ特派員 > ブラジルのイースター(Páscoa/パスコア)