トップ > 北米 > アメリカ > サンタアナ特派員 > クリスマスはラスベガスで

アメリカアメリカ/サンタアナ特派員ブログ

クリスマスはラスベガスで

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年12月28日

クリスマス休暇は、お隣ネバダ州のラスベガスへロードトリップに出ました。
ラスベガスと言ったらカジノで有名ですが、色々なショーが上演されていたり遊園地があったりとエンターテイメントの巣窟のような街なのです。


今回の目当てはシルク・ドゥ・ソレイユ。O(オー)・KA(カー)・Mystere(ミスティア)など、様々なショーが上演されています。日本でも観たことがなく今回が初めての観賞で迷いましたが、実際に観てきたお友達の話を聞いて気になったO(オー)を観ることにしました。O(オー)はフランス語で"水"という意味でその言葉通り水を使った演出で、床だった場所がいつの間にかプールになったり、舞台装置がすごいんだとか。


ラスベガスまでの道はいたって単純で、ひたすら続く一本道。途中休憩をしようにも見渡す限り砂漠地帯‥。走り続けること四時間、砂漠ばかりの景色はだんだんと都会の街並みになっていきます。元は人が集まるような場所じゃなかったはずの辺鄙な場所に、栄え発展した世界が広がっている光景にはただ胸を打たれます。今でこそ見慣れた都会のビル群も、遡れば何もない場所だったんですよね。


IMG_5991.jpg

宿泊先は、Oのシアターでもあるベラージオにしました。こちらはベラージオのクリスマスオーナメントのコーナー。
IMG_6352_20181230115956.JPG
494E59E9-3722-4A25-BCF7-0DA442936EB9.jpeg
IMG_6246.jpg
これだけでも既に見応え抜群です。
会場内は撮影禁止なので、ジェラート屋さんの店内の様子を一枚。
AA9798DC-5CCF-4DDA-A012-B75D8596DCB8.jpeg
劇中セリフはほとんど無く、英語がわからなくても楽しめます。華麗なシンクロナイズドスイミングに、同じ人間とは思えないような空中演技の数々。でも、何より惹き付けられたのはその独特の世界観。ただアクロバティックなだけではない、はかとなく漂う哀愁と妖艶さ。眼の前に捉えながら絵本の中に入りこんでしまったかのような錯覚を覚えます。夢のような時間でした。
観終えた後の余韻も心地良く、この砂漠の中こんなにも贅沢に水を使って、きらびやかなショーが行われていることがまた感慨深くて。ここに光を灯し水を引いてきた人達に思いを馳せ、ロマンを感じずにはいられません。ラスベガスを好きになったクリスマスでした。
8AD8D1B2-65E2-4B41-B2EB-F7E4D12ACAF3.jpeg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

こば ゆみ

アメリカ・サンタアナ特派員のこば ゆみが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンタアナ特派員
名前:こば ゆみ

こば ゆみ

はじめまして。2017年に結婚し、主人の転勤により2018年11月からカリフォルニア州オレンジ郡タスティンにて夫婦で暮らしています。学生時代は旅程管理主任者と国内旅行業務取扱管理者の資格を取得し、関東近郊のツアーの添乗員を務めました。食べることと旅行が好きです。こちらに越してきてからは、スーパーマーケット巡りも楽しみの一つになりました。観光地としての魅力はもちろん、アメリカならではの生活が想像できるような情報もお届けしていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_Fmhc9y4wB7

サンタアナ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンタアナ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンタアナ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンタアナ特派員 > クリスマスはラスベガスで

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について