トップ > 北米 > アメリカ > サンタモニカ特派員 > ハロウィーンの時期には欠かせないお菓子:ピーナッツバターカップ

アメリカアメリカ/サンタモニカ特派員ブログ

ハロウィーンの時期には欠かせないお菓子:ピーナッツバターカップ

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / レストラン・料理・食材 投稿日:2018年10月 1日

10月の終わりはハロウィーン。ハロウィーンのトリックオアトリートで配られるお菓子で最もアメリカらしいと思うのがReese'sというビーナッツバターカップです。ピーナッツバターをチョコで挟んだだけのシンプルなチョコレート菓子で、アメリカのスーパーならどこでも売っています。ピーナッツバターはアメリカの食文化には欠かすことのできない材料。ピーナッツの粒入りタイプ、なめらかタイプ、オーガニックのもの、無糖なものと種類も様々です。ピーナッツバターカップは、チョコとピーナッツバターさえあれば家庭でも簡単に作れてしまいます。ピーナッツバターも好みのものを使い、触感を調整できるので手作りの方が美味しくできるのは間違いありません。そこで作り方を簡単に紹介します。

PeanutButterCup.jpg

材料:


  • ダークチョコレート
  • ピーナッツバター粒入り無糖

PeanutButterCup_chocolate.jpg

PeanutButterCup_peanutbutter.jpg

*今回はハチミツを使ってピーナッツバターを多少甘くしました。


  1. 用意したカップをサランラップで包みます。溶かしたチョコレートを流し入れ、カップに沿ってチョコレートが伸びるようにカップを回しながらチョコレートを動かします。

    PeanutButterCup_chocolate_layer.jpg

  2. ピーナッツバターとハチミツを火にかけてやわらかくします。ピーナッツバターとハチミツが混ざったら、チョコレートの上にのせます。

    PeanutButterCup_peanutbutter_layer.jpg

  3. さらに溶かしたチョコレートをピーナッツバターを覆うように流し入れます。

    PeanutButterCup_final_chocolate_layer.jpg

  4. チョコレートが固まったらサランラップからチョコレートをはがし、出来上がりです。

ちょっとチョコレートの割合が多すぎた感はありますが、味はReese'sのピーナッツバターカップよりは甘くなく、大人の味に仕上がりました。ピーナッツバターが好きなら是非お試しを。これにジャムを加えたりすると更にアメリカの味の冒険ができます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

金子 ゆかり

アメリカ・サンタモニカ特派員の金子 ゆかりが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンタモニカ特派員
名前:金子 ゆかり

金子 ゆかり

ロサンゼルス在住暦20年。カリフォルニア州立大学ノースリッジ校を卒業して以来アーティストとして様々なゲーム制作に参加。参加した作品には、コールオブデューティーやスカイランダーズなどの大ヒット作が含まれます。多忙な制作スケジュールの合間には旅行が趣味。アメリカ国内旅行やヨーロッパ旅行は経験豊富です。地元ロサンゼルスではいつも新しい発見を探し続けています。 DISQUS ID @disqus_qHGdM64Igf

サンタモニカ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンタモニカ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンタモニカ特派員 > ハロウィーンの時期には欠かせないお菓子:ピーナッツバターカップ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について