× 閉じる

トップ > 北米 > アメリカ > サンタモニカ特派員 > ハンブルクの街角アート

アメリカアメリカ/サンタモニカ特派員ブログ

ハンブルクの街角アート

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年1月 3日

新年をドイツのベルリンで迎え、同国ハンブルクに再び戻ってきました。2日後には米国サンタモニカに戻ります。今回の旅でカメラに収めた思い出の中から、ハンブルクで見つけた街角アートや絵になる光景を紹介したいと思います。

まずは、ハンブルクの中央駅近辺で見つけたクリスマスイルミネーション。「メリークリスマス」がいろいろな言語で書かれています。

Xmas_lights.jpg

実はクリスマス後でもまだクリスマスマーケットを見つけることができました。シンプルな色使いが素敵なイルミネーションです。ドイツ語の「WEIBERZAUBER」を調べてみると「女性のマジック」と出てきたのですが、魔女のこと?

Weiberzauber_lights.jpg

たまたま降りたSバーンの駅「Stellingen」にて。すごい壁画とも言えるグラフィティー(落書き)アート。トンネル一面に描かれています。

Graffiti_art_01.jpg

Graffiti_art_02.jpg

Graffiti_art_04.jpg

Graffiti_art_03.jpg

このように私の居住地、米国サンタモニカではなかなかお目にかからない光景に遭遇することができました。特にこのトンネルのグラフィティーアートに出会えたのは幸いでした。まるでミュージアムに降り立ったかのように長いトンネルに隙間なく埋められたグラフィティーにしばらく釘付けになり、じっくりと見てきました。現地の方は駅からそのまま足を止めることなく速足で通り過ぎて行き、いかにも観光客の私だけが写真を撮ったりじっくりと眺めたりしていたのですが、もっと観光客がいてもおかしくない迫力のあるアートだと思いませんか?

Stellingen のグラフィティーアート
中央駅(Hauptbahnhof)からS21Elbgaustraße方面行きの電車で15分ほど。Stellingen駅で降ります。駅を出てすぐにあるトンネルを探してみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

金子 ゆかり

アメリカ・サンタモニカ特派員の金子 ゆかりが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンタモニカ特派員
名前:金子 ゆかり

金子 ゆかり

ロサンゼルス在住暦20年。カリフォルニア州立大学ノースリッジ校を卒業して以来アーティストとして様々なゲーム制作に参加。参加した作品には、コールオブデューティーやスカイランダーズなどの大ヒット作が含まれます。多忙な制作スケジュールの合間には旅行が趣味。アメリカ国内旅行やヨーロッパ旅行は経験豊富です。地元ロサンゼルスではいつも新しい発見を探し続けています。 DISQUS ID @disqus_qHGdM64Igf

サンタモニカ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンタモニカ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンタモニカ特派員 > ハンブルクの街角アート