トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ4特派員 > ここでしか買えないアイテムも! Apple のVisitor Centerの楽しみ方

アメリカアメリカ/サンフランシスコ4特派員ブログ

ここでしか買えないアイテムも! Apple のVisitor Centerの楽しみ方

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年9月10日

シリコンバレーといえば、世界的IT企業の本社が立ち並ぶエリア。内部の見学は難しくても、せっかくシリコンバレーに来たのならば、その企業らしいスポットを訪れてみたい、という人も多いのではないでしょうか。

Google, Apple, Intel, Facebook・・・ と名だたる有名企業の本社がありますが、その中から今回は、昨年移転した本社キャンパスが話題になっているAppleの、観光客向けスポットをご紹介します。


Appleの本社キャンパス、「Apple Park」


Appleの新本社は、サンフランシスコ・ベイエリアのサウスベイ、Cupertino(クパティーノ)にあります。サンフランシスコ市内からは、車で約1時ほど。公共交通機関利用ならば、カルトレインのSanta Clara(サンタクララ)駅からバス(VTA 81番)で約30分です。
iOSのマップで検索すると、円盤型の本社社屋まではっきりと出てきます。ちなみに、iOSのマップのアイコンは、この本社キャンパスのあたりが使われているので、ぜひこのマップと見比べてみてください。


10_applepark_10.PNG


Appleの旧本社も同じCupertinoにありましたが、2017年に市内の別の場所に巨大な新本社キャンパスをつくり、移転しました。
新本社キャンパスは、Apple Park(アップルパーク)と名付けられ、本社社屋をはじめ、Appleの発表会が行わることだけでなく建築物としても話題になっている Steve Jobs Theater(スティーブ・ジョブズ・シアター)、研究施設などが広大な敷地内に集められています。


誰でも立ち寄れる、Apple Park Visitor Center


このApple Parkのすぐそばに、誰でも立ち寄れるAppleの観光スポットがあります。それが Apple Park Visitor Center(アップルパーク・ビジターセンター)です。


10_applepark_01.jpg


こちらも、側面が全面ガラス張りというデザイン性が際立つ構造で、その外観から楽しむことができます。


10_applepark_02.jpg


Visitor Centerの中は、大きく分けて4つのパートに分かれています。1Fには、Apple Parkのジオラマ展示、ストア、カフェがあり、2F 部分がルーフテラスとなっています。誰でも無料で訪れることができるだけでなく、不定期のクローズを除いて、基本的に定休日はないため、旅行のプランに組み込みやすいスポットです。(不定期のクローズもAppleのウェブサイトのApple Park Visitor Centerページに掲載されているので、訪問前にチェックしましょう。)


iPadとジオラマでApple Parkを探索しよう!


Visitor Centerに来たら、まず体験したいのがジオラマ展示です。展示エリアには担当のスタッフがいて、訪問者に専用のiPadを貸し出してくれます。このiPadがジオラマを楽しむためには欠かせません。休日など混み合う時間には、iPadの順番を待つ人の列があるので、まずはそこに並びましょう。


10_applepark_03.jpg


スタッフがジオラマでの使い方を説明してくれるので、それに従ってジオラマをiPad越しに覗いてみると・・・


10_applepark_05.jpg


真っ白でシンプルなジオラマの中から、キャンパスのリアルな画像が浮かび上がってきます。外観を見るだけでなく、建物の屋根を外して内部を細かく見ることもできます。オフィス内を歩く人やカフェで食事をとる人、ジムでトレーニングをする人まで、実に細部まで丁寧に作られていて、思わず夢中で覗いてしまいます。


10_applepark_04.jpg


ストアで限定グッツを手に入れよう!


Visitor Centerの1階中央部分にあるのが、Apple製品を扱うストアです。


10_applepark_06.jpg


iPhone, iPad, MacBookなどが並ぶエリアは一見普通のApple Storeのように見えますが、ここで必ずチェックしてほしいのが、ジオラマ展示とちょうど反対側(カフェの裏側)にあるグッズコーナーです。Tシャツ、キャップ、トートバッグ、ポストカードセットなど、ここでしか買えないApple Parkのグッズが販売されています。


10_applepark_07.jpg


Apple新社屋がモチーフとなったカラフルなTシャツは40ドルとちょっとお値段が張りますが、Appleマニアには何よりのお土産になるのではないでしょうか。同じく新社屋の円盤モチーフが描かれたトートバッグは$25と、もう少しお手頃です。



10_applepark_08.jpg


カフェ&ルーフテラスでひと休み


ジオラマ展示とストアを一通り楽しんだら、1Fのカフェで休憩しましょう。コーヒー、エスプレッソ系ドリンク、ティーなどのドリンクがほとんどで、フード類はチョコレートなど軽いスナック類が数種類あるのみ。ここで食事はできないため、Visitor Center訪問前にお腹は満たしておくことをおすすめします。


ちょっと座って休みたいだけならば、2Fのルーフテラスで休憩するのもよいでしょう。



10_applepark_09.jpg


たくさんの木々に囲まれたAppleの施設を眺めながら、やっぱりお土産を買って帰ろうか悩んだり、次はどこへ行こうかと相談したり。
世界的有名企業の本拠地にいるということを忘れてしまほど、穏やかな空間も、ぜひ堪能してください。


Apple Park Visitor Center

住所:10600 North Tantau AvenueCupertino, CA 95014

TEL: (408) 961-1560

営業時間:9:00-19:00(月-金)、10:00-19:00(土)、11:00-18:00(日)

Website:https://www.apple.com/retail/appleparkvisitorcenter/


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Yukari

アメリカ・サンフランシスコ4特派員のYukariが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ4特派員
名前:Yukari

Yukari

米国カリフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリア在住のライター。「シリコンバレー」の名で、ビジネス面から語られることの多い地域で暮らしていますが、世界中から集まる人々によって作られる多様な文化と、健康や環境に対する意識の高さも、この土地の魅力だと感じています。シリコンバレーはもちろん、近郊の都市やワインカントリーの紹介も交えながら、多様な食文化やヘルシーなアイテムについてもご紹介をしていきます。 DISQUS ID @disqus_w7wIt4uisJ

サンフランシスコ4特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ4特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ4特派員 > ここでしか買えないアイテムも! Apple のVisitor Centerの楽しみ方

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について