トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ3特派員 > 大気汚染が懸念されるサンフランシスコ。11/15 現在の街の様子をレポート

アメリカアメリカ/サンフランシスコ3特派員ブログ

大気汚染が懸念されるサンフランシスコ。11/15 現在の街の様子をレポート

カテゴリー:天気・気候・気温 投稿日:2018年11月16日

現在カリフォルニアでは3つの山火事が同時進行し、大変な被害を被っています。サンフランシスコでも、北部の町となるビュート(Butte)郡パラダイス町(Paradise)で発生した山火事の影響で、現在大気汚染が深刻な状況となっています。


今回はそんな現在の街の様子をレポートします。
Untitled2.jpg

 

1週間続く大気汚染


11月9日に発生した山火事の影響で、街全体が煙たくなってしまったサンフランシスコ。山火事発生から1週間経った現在でもその状況は変わっていません。特に11月15日は、汚染状態が更に悪化し、汚染レベルが235まで上がった「最も不健康(very unhealthy)」な状態に陥りました。
IMG_8599 copy.jpeg

これは、山火事が発生して以来、1番汚染がひどくなった状態となります。


この影響を受けてサンフランシスコ市内の学校は、11月16日(金曜日)を休校とする事態にまで広がっています。


 

11月15日の街の様子


こちらが、その木曜日の街の様子となります。写真では分かり辛いのですが、大気がうっすらと霧がかかったようになっています。
IMG_8596.jpg

いつもは青空であるはずの空も、煙のせいでぼんやりとしたグレーがかった色に。

IMG_8595.jpg
この大気汚染の影響を受けて、いつもは行き交う人々で賑わう街の様子も一変しています。大気汚染が深刻な状態のため、できるだけ外出を避けている市民がほとんどとなり、人通りが激少しています。止むを得ず外出する歩行者も、30%程度は防塵マスクを着用しています。
Untitled2.jpg
現在、市内にあるハードウェア用品店では、大気汚染を防ぐのに有効となる防塵フェイスマスクが大売れの状態です。
Untitled3.jpg
湾に囲まれ、谷となるサンフランシスコ含む、ベイエリアでは高気圧の影響も重なり、しばらくこの状態が続く見込みとなっています。


 

最後に


毎年、乾燥する冬の季節は、山火事の影響で空気汚染が問題となるサンフランシスコ。今年はすでに1週間という長丁場の大気汚染が続き、街全体が煙に包まれ、どんよりとした天候が続いています。カリフォルニア州全土で影響を受けている山火事、これ以上被害者が増えないよう祈るのみです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

KatieM

アメリカ・サンフランシスコ3特派員のKatieMが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ3特派員
名前:KatieM

KatieM

18歳での留学をきっかけに渡米してはや20+年。アメリカの州立大学を卒業後、ニューヨークの日系旅行代理店でインバウンド・グループホテル予約業務を2年、アメリカ系ホテルでセールスマネージャーの仕事を12年経験しました。2014年に結婚後、旦那の転勤でサンフランシスコに移住。現在は市内のヘイズバレーに住んでいます。現地で役立つライフスタイルやトレンドスポットなどを紹介します。 DISQUS ID @disqus_U7VJBq4z0h

サンフランシスコ3特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ3特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ3特派員 > 大気汚染が懸念されるサンフランシスコ。11/15 現在の街の様子をレポート

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について