トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 博物館級レア車が勢ぞろいラリーニッポン記念イベント

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

博物館級レア車が勢ぞろいラリーニッポン記念イベント

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / スポーツ・観戦 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2018年10月30日

1030ラリーニッポン - 1.jpg

7月にお話した
『ラリーニッポン・イン・カリフォルニア(過去記事をポチョン)』


まだまだ先の事と思っていたら、今日29日『マリーナグリーンパーク(Marina Green Park)』を11時にモントレーに向けて出発とあったので、とりあえず駆けつけて来た。あの時お会いしたカッチョいいカップルに会えるかなぁ〜と心配だったけど、嬉しい事に覚えててくれてた感動のハグハグ再会。


1057ズラリ - 1.jpg


ずらり並んでいるのは、1974年12月以前に作られたオリジナル(レプリカではいけない) 中には1929年世界大恐慌の年にできた車も参加している。 車のオーナーより古い車がきちんと手入れをする事で80年も90年も走るって凄い、クラッシックなデザインがまた斬新なで一台一台紹介したいくらい。


1056ベンツ - 1.jpg


いろんな人が写真撮ってた 1957ベンツSLR190 は、2台しか生産されたおらず、もう一台はベンツの博物館にあるんだって、そんなん乗って本当にいいかい?と思ってしまうわ。

1058戦前 - 1.jpg


ブレーキ、ランプ、クラクションが作動するかイベント主催者側のインスペクションに合格もらわないと公道は走れない。 エンジンルームを開けてきちんと検査を受けてるがパコッと完全に取り外し式、ボンネットは脇に置いてあったっ! 話によれば、戦前は車がひっくり返った際には人が外に放り出されてしまうがそれによって怪我を軽くしようというのでシートベルトは無い。 今とは真逆の考え方。 ただ横転した際はそのボンネットも外れちゃうのでそれで怪我をしてしまう。 そこでカーベルト(Car Belt)という細いベルトで押さえておく。 手前のグリーンのジャガー(Jaguer)のボンネットに革製のベルトが付いているのがお判りですか?  


1059横向き - 1.jpg


これはボンネットが横向きに開く、初めて見た。 そしてエンジンも汚れひとつ無く線がいっぱいあっていかにも"エンジン" 構造はシンプルでいじくりたくなるらしいですよ。 ただ、ここに参加している車はどれも博物館級な車なので専門のお抱えメカニックがいじくるそうです。そもそも車の発想は、馬車にエンジン付けたものなのだと昔聞いた事があったが、それがよく表されてるデザインの車もあってなかなか興味深い。 自動運転車のテスト走行しているサンフランシスコで馬車の進化形が優雅に走っているというのもまた面白い。 そんでついでに言うと参加している車にレース用の車もある。 レース用の車はコースを走るので走り始めたら止まらない、一般道を走る場合は信号などで止まらないといけないが、そう言う構造になっていないのでその辺がどの車でラリーをするか考えるところらしい(自宅には10台以上保有して方がほとんどなんだってマジっすか!!) 


1055デリカ弁当 - 1.jpg


出発前に腹ごしらえ、フェリービルにある『デリカ(Delica)』 の美しく美味しいお弁当はオーナー自らデリバリーだった。 珍しい車ばかりとすごく楽しそうに各車を覗き込んでいた。 


1100出発 - 1.jpg


一台ずつ車種とドライバーさんを紹介しながらレッドカーペットを通りラリースタート。 先ずはゴールデンゲートブリッジを往復だ。 出発前のブリーフィングで走行中の注意がいくつかあったが、車線が日本とは反対なので一般道は対向車があり判断しやすいけど郊外の方は対向車が少なく運転しやすいが、一瞬どっち走行してるか迷ってしまう事があるので気をつけてと言っていた。 そうなんです、アタシも経験あるんだけど、一時帰国中車を運転していて気がついたら真ん中走ってた経験がある。 参加されてる方は車の運転に慣れている方ばかりなだけに、ふとした事で錯覚してしまう事がある様だ。 また今回のコースはガソリンスタンドが少ないので早めに給油をする様にとあった。 クラッシックカーは燃費の問題(3〜7l/kらしい)がる、そしてひょっとしてアメリカで初給油体験の方もいるだろう。


1115出発 - 1.jpg


日本から32台、初参加3台、現地参加7台がサンフランシスコからモントレーの 『クエィルロッジ(Quail Lodge & Golf Club)』 まで自分(車)のペースでドライブ。 7月に天気を心配していたけどとりあえず大丈夫そうだ、日本から持ってきた車がオープンカーなのでそれが心配だった訳だ。

日本を元気にする応援プロジェクト

1120橋 - 1.jpg


人類の守るべき大切な文化遺産・世界遺産を人類が生み出した文明の最高傑作の作品のクラッシックカーで、人と地域と心をつないで日本の良さも再発見しようとユニークでマニアにはたまらない応援プロジェクトがラリーニッポン今年は10年目。 偶然の出会いから記念のイベントに立ち会えた。 日本からコンテナに一台ずつ収められ、船で揺られて1ヶ月弱太平洋を越えてやってきた超お宝レア車も見ちゃった。 仕事柄車の話になる事がよくあるのだけど良いものを拝見させてもらった。 走行距離約1000キロ(620マイル)このラリー11月2日にサンフランシスコに戻って来る。


お気をつけて行ってらっしゃい、またサンフランシスコで会いましょ!!

『ラリーニッポンオフィシャルサイト』

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 博物館級レア車が勢ぞろいラリーニッポン記念イベント

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について