トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 行楽シーズン間近ヨセミテ国立公園マリポサグローブを歩く

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

行楽シーズン間近ヨセミテ国立公園マリポサグローブを歩く

カテゴリー:お題 / 交通・鉄道・航空 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年9月 2日

1421MariposaPlaza - 1.jpg


2年越しの改修工事で今年6月にリオープンしたけど、直後に周辺の山火事の影響にあってしまったヨセミテ公園南側に位置する観光地『マリポサ・グローブ(Mariposa Grove)』

綺麗になったマリポサグローブに行ってきた。 
『マリポサ・グローブ・ウエルカム・プラザ(Mariposa Grove Welcome Plaza)』に車を停めそこからマリポサグローブまでは "Grove shuttle(グローブ・シャトル)" 無料のシャトルバス。 出来たばかりなんで色んなものが真新しいしギフトショップの方は初々しく働いている。


1422Freeshuttle表示 - 1.jpg


グローブシャトルは、朝8時から夜8時まで10分間隔で運行 その間は一般の車両は通れないので駐車場(無料)に停めておく(食料品は残しておかない事)


1426シャトルバス - 1.jpg


公園内のシャトルバスと同じ形。


1429シャトルバス車窓から - 1.jpg


約5分 のバス旅、車窓から見たちょっと焦げた木もあった。


1435到着 - 1.jpg


マリポサグローブ到着。


マリポサグローブを歩く


1436マリポサ看板 - 1.jpg

昔大きな木を見に来たような気がするから初めてじゃないと思うけど、バス乗り場やお手洗いなどは出来たばかりで綺麗でもし来ていたとしても全く覚えていない。 さて、歩き始め...


1439大きな木 - 1.jpg


いきなり大きな木、園内最大のジャイアントセコイア樹林の始まり この種類の木は世界一大きくなる木だ、どれもゴツくてデカくズングリして、男爵イモが木だったらこんな木のなるんじゃないかと想像した。


1440ドッグウッド - 1.jpg


春には白い花を咲かせていた北アメリカ西海岸のネイティヴプランツ "パシフィック・ドッグ(Pacific Dogwood/白いハナミズキ)" 花びらが付いたまま種ができてる。


1442fallenmorarch撮影している人 - 1.jpg


どれだけデカい木が撮影している人の比較でわかるね。
約300年前に倒れたジャイアントセコイア "倒れた国王" 『フォーリン・モナーク(Fallen Monarch)』

1443fallenmonarck正面 - 1.jpg


国王さまの正面から失礼致します。
ジャイアントセコイアは腐食しにくい木なので時を経てもしっかり残ってる。
さしずめ木のミイラみたいなもんだ。


1444拡大 - 1.jpg


近くで撮影してみた、木だか何だか分からなかった。


1445トレイルコース表示 - 1.jpg


ここでマリポサグローブの終点『Wawona pointまで5.5㎞(3.4miles)』と表示があった。
1時間半はかかるらしいので次回。 というかあっさり
『グリズリー・ジャイアント(Grizzly Giant)0.96km』 に向かった。


1459バチェラー - 1.jpg


その前に現れるのが 『バチェラー&スリー・グレース(bachelor & Three Graces)』 "独身男と三人の淑女" 一本だけ少し離れてるけど4本が密集状態で生えてる。 実際この4本の木、根っこは相当からみあってて、一本がダメになったら他の木もダメになるようで、頑張れ独身男の木(bachelor)!

1507ジャイアント - 1.jpg


見えてきた『グリズリー・ジャイアント(grizzly Giant)』 デカい熊の木らしく、思わず口をあんぐり開けて見上げた。


1508grizzly - 1.jpg


樹齢1990〜2400年、高さ約64m、直径約9m、最も太い枝の直径が2m。
ヨセミテ国立公園最大の大きさのジャイアントセコイア(世界で25番目にデカい)


1509grizzly正面 - 1.jpg


正面からでは全体が映らないし、困った木だ。


1513トンネルツリーへ - 1.jpg


そして『カリフォルニア・トンネル・ツリー(California Tunnel Tree)』の表示に従い


1514到着 - 1.jpg


歩く事数分、到着。


1515CAtunneltree- 1.jpg


トンネルはくぐってみないとね。 くぐってみた。 パンフレットで見るより可愛いトンネルだった。 さてこのトンネルツリーは、1895年に馬車でも通れるくらい大きな木という観光目的でトンネルをつくった。 もちろん今や押しも押されもせぬマリポサグローブの観光名所だ。 しかし、今は亡き 『ワオナ・トンネル・ツリー(Wawona tunnel Tree)』の事もちょこっとね。


1881年ジャイアントセコイア樹林(マリポサグローブ)にお客を呼び込もうと、火事による傷のあった一本のジャイアントセコイアにトンネルを掘って観光名所にしようと "ワオナトンネルツリー" が完成した。 馬車や車が確かに通れるし、バックに記念写真を撮ったり人気者の木になった。 しかし最初から少し傾いてはいたけど、くり抜きすぎた穴が大きすぎたのが原因で少しずつ傾きが大きくなってきた。 1969年傾きと雪の重さが原因でワオナトンネルツリーは倒壊。 樹齢2300年だったそうだ。 


今、生きてる木をくり抜いて観光名所にしようなんて言ったら、反他者続出は必至だけど、その昔は観光客を観光客を呼ぶ為に色んな事をやっていた訳だ。 


1516Sap樹液 - 1.jpg


トンネルの中入ってみよう、赤いねっとりとした 
"樹液"
この木も生きてる...。


1517Shuttlebus表示 - 1.jpg


よっしゃ!
『Shuttle Bus Arrival Area 1.3(シャトルバス乗り場まで約2.1㎞)』
帰りは下り坂で楽だわさ。


1558シャトルバスエリア - 1.jpg


トロトロ歩きながら30分弱でバス乗り場到着したよ。


マリポサグローブ散策の最も初心者向けがこのコース。 歩くのも普通のスニーカーで大丈夫だし、トレッキング用ストックもなくても大丈夫だと思うけど、トレッキング用シューズやストック持っている人もいた。 シャトルバス乗り場には給水所もあるけど途中には見当たらなかった。 日差し予防もお忘れなく、何事も備えあれば憂いなし山の天気は侮れないっす。


秋の行楽シーズンもまじかヨセミテ公園オープンして本当よかった。


https://www.nps.gov/yose/planyourvisit/mg.htm


 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 行楽シーズン間近ヨセミテ国立公園マリポサグローブを歩く

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について