× 閉じる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 行列ができる蟹屋はやっぱり混んでいた。

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

行列ができる蟹屋はやっぱり混んでいた。

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年2月16日

富国美食蟹屋1 - 1.jpg


クレメント通り界隈は、最近特に国際色豊かな場所になってきている。 都心部に比べ家賃が安いこともあり出店しやすいのもある。 州立大学や病院もあり、中心部にもバス一本で行けちゃう丁度いい離れ具合の住宅地にもなっている。 高級店も増えてきているけど基本は地域密着型、地元に愛される息の長い店が多い。


その中の一軒が 『ダンジネス・アイランド(Dungeness Island)富国美食』
噂では行列ができるらしいので、お昼を抜いて5時のオープンと同時に入ろうと決めた。


店内1 - 1.jpg


当然、ほとんど誰もいない。
他に3組オープンと同時にテーブルに着いていた。
大してじっくりメニューを見ている風でもない。


メニュー偶数 - 1.jpg


『ディナーフォー2・4・6(Dinner For 2・4・6)』
これがお勧めとあったので、他にどんなのがあるか見る事もせず頼んだ。
て言うか他の人たちも同じものを頼んでいた、まるで "本日A定食のみ" みたいな感じ。
サーブしてくれたお姉さんも他に勧めるわけでもなく、飲み物は何しますぅ〜的な食堂的接客だ。


白ワインもボトルで頼んだ、グラスの大きさが皆違うっても面白かった。


キャベツサラダとチキン - 1.jpg


『Cabbage salad with Chiken 』
キャベツとかキュウリとかの千切りサラダにスモークされたチキンが入っていた。
野菜が入ってない?肉肉しいくらいぎっしり肉を巻いて揚げた春巻き風


前掛け - 1.jpg


お約束のビニール製前掛け着用。
高級店では綺麗なお姉ちゃん、かっちょいいお兄ちゃんが後ろを結んでくれるが
ここは自分で! 髪の毛引っかけないように注意。


ガーリックヌードル - 1.jpg


『Roasted Crab/House Garlic Noodle 』
テーブルに置く時ドスンと音がしそうなくらいデカかった。
丼てんこ盛りガーリックヌードルと共に登場の蟹


ニンニクまみれ蟹 - 1.jpg


このアングルは賛否両論あるけど、ニンニクまみれの大蟹さんにご挨拶。
いただきます。


サラダを食べながら周囲を見たら皆さんのテーブルの蟹は一匹ずつ。
普段一人で一匹食べちゃうアタシは、争いになるんじゃないかと心配したけど
普段食べてる倍近い大きさのサイズだったんで平和なテーブルで時々指をなめて、ペーパータオルのお代わりをもらい、黙々と修行僧のように静かに食べた。 話したくない人とご飯に行くなら蟹屋へGO! 蟹の間は何も話さなくて済む、へへへへっ。


高級店なら濡れたナプキンが湯水のように持ってくるがそこは食堂、言われるまで持ってこない。 また濡れてないので、最初に持ってきた烏龍茶をかけて湿らせる、烏龍茶は油分を流してくれるんでさっぱりするよ。 覚えておくといいっす^ ^


蟹のおかわりは必要なかった、ガーリックヌードルかなり量多い。
お腹いっぱい〜〜。
蟹の下敷きになっているニンニクのソースは、脂っこくなくてガーリックヌードルを絡めて食べると、ツルツルと胃袋に収まり美味しく食べられた貴方はもうニンニク人になっている。 


蟹を食べ終わったら一回手を洗っておこう。
次のデザートの為にね。


『Deep Fried Banana with Ice Cream』


ココナッツアイス絶品 - 1.jpg


ファンシーハイエンドなレストランならパティシエがいて、どうやって食べるんだ?プレゼンテーションのデザート。 マッそこは食堂、バナナの皮をむいてトントン切って天ぷら粉に少々膨らし粉と油を混ぜたボウルにポチョンと入れて、チキン揚げた油とは別の油で揚げておく。 脇で担当のサーバーさんがパティシエに早変わりアイスクリームを盛り付け揚げバナナを一人2個。 はい出来上がり。


食堂だとこんな感じだろうが、このアイス、ちゃんと "ココナッツアイス" と謳えばいいのにと思うほど美味かった。 蟹は大丈夫だったけどこれ追加したかった。 素朴な味わいでサッパリしたアイスだった☆ お姉ちゃんにアイス美味しいねって言ったら何も言わず、ニヤッとしてたわ。


椰子の木の柱の店内 - 1.jpg


7時過ぎの店内、外には数人待ちのお客。
椰子の木の柱が妙に感じたけど、ここの店の名前アイランドだったのを思い出した。
ダウンタウンからは#38#1のアウトバンド(太平洋に向かう方向)で約30分くらい。
ここまできて蟹が食べてたら思い切りローカルな気分になれるのを保証する、もちろん美味いのも保証!


【Dungeness Island】

住所:2332 Clement ST San Francisco, CA
電話番号:415-386-8266
営業時間:月〜金17:00〜22:00 土日12:00〜22:00
URL:http://ppqcrab.com


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 行列ができる蟹屋はやっぱり混んでいた。