トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > バークレーからの帰り道、春を感じる夕暮れを眺める

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

バークレーからの帰り道、春を感じる夕暮れを眺める

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 交通・鉄道・航空 / 自然・風景 投稿日:2018年1月 8日

バークレーボウル1701 - 1.jpg


バークレーの帰り夕飯の買い物に寄る所が 『バークレーボウル・マーケットプレース(Berkeley bowl Marketplace)』 ここは、1977年創業のスーパーマーケットで、食にこだわるバークレー住民を納得させるクオリティー。 探し物はバークレーボウルとまで言われているほど種類豊富。 まるでフードの図書館みたいな所。

1601Kombuchaグラウラー - 1.jpg


『KOMBUCHA ON TAP』 コンブチャのグラウラーだ。 ビールのグラウラー(量り売り)は最近は良くあるけど、珍しい。 32oz(約950ml)で$6.49 瓶代は5ドル。


1600番号札 - 1.jpg


番号札で、これをもらった時から、何をどれくらい頼むか考えをまとめる。 
オーダーミスは振り出しに戻るんで...


1603サシミ - 1.jpg


お刺身意外にお安いざんす。 
おや? 隣の"GRAVLACHIS" グラバチス? 発音に困っていたらとにかく食べてみろと一口もらった。 スモークサーモンのような感じだけど違う、ディルとか何かハーブ、スパイスの風味を感じた。 スモークサーモンは別のコーナーにあったもんね、ここは生食用コーナーだもんねぇ〜。 美味い、スモークサーモンよりサラッといける。 1 /2lbお買い上げ〜。  


  
これスカンジナビアの魚料理で、生の鮭を塩、砂糖、胡椒、ディル、コリアンダー、レモンとかに漬けたもの(キュアリング)した物でスモークサーモンとは別物。 昔々スカンジナビアあたりの漁師さんが、獲れた鮭を塩漬けにして砂浜に埋めて軽く発酵させて食べたのが元々。 Grave(穴を掘る)+Lax(鮭)→ノルウェー語では"Glavlaks(グラブラックス)" て言われてるんだ。 


ちょっといい買い物した感じで、80号線サンフランシスコ・ベイブリッジ方面ではちょっと渋滞に巻き込まれた。


1715エメリービル - 1.jpg


エメリービル(Emeryville) 辺りの湿地部分にピンク色の空が写ってた。


1717ベイブリッジ - 1.jpg


"ファストラック(FasTrak®)" レーン からは、スルスルとベイブリッジ料金所通過、橋に乗った。


1720TI - 1.jpg


トンネル手前の出口で途中下車
5時20分頃 ビルの輪郭が僅かに見え、ピンク、オレンジ、そして暮れていく空色から群青色へグラジュエーションがとても綺麗。 もしこの時間帯に通るなら僅か5分でもよるべき所かもしれない。 


1724TI金門橋方面 - 1.jpg


3分後、ゴールデンゲートブリッジ方向。
ほんの数分のトレジャーアイランドの小休止。 全米1交通渋滞の深刻なベイエリア のドライバーさん達の風景のオアシス(助手席の私にも)


1月になると、一気に陽が長くなってぐんぐん春に向かっていく。
秋の夕暮れとは全く違う春の夕暮れだ。


【Berkeley Bowl Marketplace】

住所:2020 Oregon ST Berkeley, CA
電話番号:510-843-6929
営業時間:月〜土9:00〜20:00 日10:00〜19:00
URL:http://www.berkeleybowl.com

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > バークレーからの帰り道、春を感じる夕暮れを眺める

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について