× 閉じる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 橋のオーバーホール中、野球場前の3番通りが左折できない理由

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

橋のオーバーホール中、野球場前の3番通りが左折できない理由

カテゴリー:お知らせ / 交通・鉄道・航空 投稿日:2018年1月 7日

左折禁止 - 1.jpg

AT&T PARK(ジャイアンツ球場)の前の道が、King ST。 3RD STを左折すると球場のパーキング方面に行く。 また真っ直ぐ行くとフリーウェイ280号線に乗る、ここからサンフランシスコ空港方面、時間によっては101号線で行くより早買ったりするよ。


野球のゲームでもイベントでもないのに左折禁止のサインが出てる。


橋2 - 1.jpg


野球場駐車場から見える "巨大フェンス" みたいなのが、1933年5月に完成した跳ね橋 "サードストリート橋(3rd ST Bridge)" ジャイアンツの有名選手の名前も付いていて "レフティ・オドゥール橋(lefty O'doul Bridge)" 場所がチャイナ・ベイシンだから "China Basin Bridge" と呼ぶ人もある。 ただ今オーバーホール中で跳ねっぱなし状態。 12月中頃から1月26日(終了予定)一ヶ月くらいかけてのメンテナンス。


lefty - 1.jpg

橋全体(2010年撮影)


この橋の設計(デザイン)はゴールデンゲートブリッジの設計主任のジョセフ・ストラウス(Joseph Strauss)氏だ。 この橋の完成する少し前、同年1月からゴールデンゲートブリッジの建設が始まっているから、ストラウス氏は当時超売れっ子ブリッジデザイナーさんだったわけだ。


1937年ゴールデンゲートブリッジできた時「きちんと手入れ(補修)すれば永遠に使える橋だ」と残しているけど、この橋もおそらく同じ尺度なのだろうか? 周囲はステゥーディオ(Studio日本だとワンルーム相当)で3000ドルを超えるエリア。 カリフォルニア州立大サンフランシスコ校ミッションキャンパス(UCSF)もあり、テッキーもいっぱい住んでいる。 それとは対照的なレトロな橋がすごく存在感出してる。



4StBr - 1.jpg


その隣には "フォースストリート橋(4th ST Bridge)" こっちも跳ね橋になっていて、今迂回路となっている。 この橋は1917年に完成していて、やはりストラウス氏の会社が建設に携わってる。


1月26日までは球場周辺は、迂回路などでちょっと渋滞すごくなっちゃうかもしれません。
運転、お気をつけて!


この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 橋のオーバーホール中、野球場前の3番通りが左折できない理由