× 閉じる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 会合に参加 スイスルイスがグループ旅行で利用される理由

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ

会合に参加 スイスルイスがグループ旅行で利用される理由

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年12月29日

swisslouise - 1.jpg

2017年も残すところあと3日。
今宵はフィッシャーマンズワーフピア39にある
『スイスルイス(Swiss Louis Italian & Seafood Restaurant)』


swisslouis天井 - 1.jpg


旅行関係の会合に参加させてもらった、現地ツアーガイドさんや添乗で国内を案内している方達やそのアシスタントさん達いわゆる現場で活躍している方たちの忘年会。 


saladピン - 1.jpg


「貴方の為に切りました」カット

挨拶の後、さり気なくサーブされたのは、シュリンプたっぷりアーティチョークも入ったルイスサラダ、サウザンアイランドドレッシング。  かなりの量とは聞いていたけどたっぷりある。 いつもとあまり変わらない量らしいです。 テーブルにはバケットが途中まで切られた状態であった(嬉)。 時折一切れずつバラバラのバケットが出される事があるけどちょっと形合わせてみて! ちゃんと一斤のパンになってますか? この途中までしか切られてないバケット、人呼んで「貴方のために切りました」カット 大小様々なパンが入っていて切り口が乾いていたら... いつ切ったの?


添乗員さんが最も気を使う時

このレストランは、日本からのグループ・パッケージツアーでサンフランシスコ・フィッシャーマンズワーフで夕食の際よく利用されているよう、添乗員さんがついているツアーでいらした方、ここで夕ご飯を食べたという方いらっしゃるのではないでしょか? やっぱり、クラムチャウダーとダンジネスクラブのコースが人気らしい。  


サラダ全部食べたら次に出されたのが 『カップのクラムチャウダー』でちょうどいい量だった。 塩気もいい塩梅で、野菜もクラムもちゃんと入っていた ⇨ ちゃんと入っているってのがポイント。


いわゆるグループ(団体)には専用メニューがあったりする。 そういったレストランはある程度団体対応のトレーニングは受けているけど、逆に一気に20〜40人とサーブするので繁忙期など一晩に何組もある場合はレストランもいっぱいいっぱいの対応。 料理も然り、具材もきちんと入ってなくても確認せずに出したり、あっちでまだ食べてるのにこっちでは次のコース出されることもあるようだ。 20人なら20人皆均等に同じようにしなければ当然クレームにもつながる、添乗員さん、現地ガイドさんは食事は実は、最も気を使う時。 食事も楽しみの一つだし、しかもディナー対応がきちんとできていないレストランじゃないと安心出来ない訳。


メインコースは、チームワークとタイミング


chioppino - 1.jpg


メインに入る前に、リーダー格のサーバーさんが他のサーバーさんに担当テーブルの上にメインコースのお皿がきちんと置けるように支持していた。 それと同時にスープのカップ、サラダを下げ始めた、この時まだ料理が残っている場合もあったけど、その人にしか聞こえないように横からコソッと確認していた。 そしてカトラリーの位置を直しながらメインは何か微笑みながら確認、食べる方はいよいよメインコースと分かる。 大勢だと話に夢中になって、気がついたらメインが置かれていたというのを聞いた事がある。 お客さんはこの小さな確認でディナータイムを意識する。


  
サンフランシスコ名物のチョッピーノ。 これは少しおまけしてくれたようですが、グループメニューだともう少しシチューぽくなるようだ、量はこれくらいだとか。 


そして全員のテーブルにほぼ同じタイミングでメインコースが出てきた、この辺りは日頃大勢をサーブしている成果なのかもしれない、テーブルも綺麗に片付いているので料理も見栄えがする。 同じようなタイミングで暖かいメインが出てくるのだから指示の的確さとチームワークの賜物だ。 長年このレストランを添乗員(あるいはガイド)として利用している方は、ツアーは常に時間との勝負、その後のスケジュール、時間通りにホテルに帰って休むとかは、レストランで食事の提供がきちんとしているかどうか? ダラダラしたサーブでは、お客さんたちも待ちくたびれたり疲れてくるらしい。 いかにタイミングよく皆公平にサーブされるか、最後のコーヒーか紅茶出るまでは気が抜けない、その意味ではここは安心して利用できるとの事。


デザートも付いていて、立派なディナーだった。
この内容なら日本からいらした方も満足してくれると思う。
レストランは、食事の美味しさもそうだけどそれまでのサーブの内容が物をいう。
例えば、そのレストランどうだった?と聞かれた時、こう答える事なないだろうか。
「すごく雰囲気良かったよ〜」って
料理の前・最中・後の食事じゃない部分で評価しちゃう事あるよね。


今回はグループ用の広間での食事だったけど、手前に位置する個人的(それでも6〜8人のグループもあり)結構混んでいた。 個人的に食事をしても満足はできると思うし、グループ・団体の時は専用のインフォメーションももらえ融通も利かせてくれるので団体ツアーのコーディネートをする時は覚えておくと良いレストランですね。


【Swiss Louis Italian and Seafood Restaurant】

住所:2 Pier39 Concourse, San Francisco, CA 94133
電話番号:415-421-2913
営業時間:毎日11:00〜22:00(金・土〜23:00)
URL:http://www.swisslouis.com/
グループ問い合わせ:http://www.swisslouis.com/#!/group-dinning

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員の美丸(Mimaru)が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンフランシスコ特派員
名前:美丸(Mimaru)

美丸(Mimaru)

サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

サンフランシスコ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンフランシスコ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンフランシスコ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンフランシスコ特派員 > 会合に参加 スイスルイスがグループ旅行で利用される理由