トップ > 北米 > アメリカ > ソルトレイクシティ特派員 > エバンストン歴史博物館・Evanston,WY

アメリカアメリカ/ソルトレイクシティ特派員ブログ

エバンストン歴史博物館・Evanston,WY

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年12月12日

ユタ州の隣、ワイオミング州エバンストンは、炭鉱と石油採掘で栄えた街です。
炭鉱も石油採掘事業も廃坑になりましたが、近郊には牧場も多く、西部開拓時代の街並みを色濃く残す、カウボーイの街です。(ソルトレイクからは、車で1時間30分)

IMG_7493.JPG

エバンストンにある「Uinta County Museum」で、町の歴史を知ることができます。
IMG_7496.JPG

開拓当時の写真からこの地に住んでいた先住民族ネイティブアメリカンとの闘争はなかったようです。
IMG_7499.JPG

1880年代に作られた、日めくりカレンダーは、この町にあるお店に置かれていたのもので、1975年まで使用されていました。お客さんが書いたサインやいたずら書きが残されており、時代を感じます。

IMG_7505.JPGのサムネイル画像


開拓当時のお店を再現しています。当時の雰囲気がよくわかります。
IMG_7509.JPG

博物館の横にはChines Joss Houseと名付けられた建物が併設されています。
普段は公開されていないのですが、今回特別に案内してくれました。

IMG_7536.JPG

エバンストンには開拓当時、中国からやってきた人たちがいます。
1800年後半から1900年代前半、200名ほどの中国人がこの地にやって来て、中華タウンを形成していました。当時の町を復元した模型で説明してくれるジェネスさん。鉄道レール作業員として従事し、こつこつとお金を貯め、土地を購入し、畑を耕し野菜を栽培。西部の荒地での野菜作りは難しく苦労しましたが、収穫されたものは高く売ることができました。

IMG_7542.JPG


チャイナタウンには、当時「China Mary」 と皆に呼ばれていた女性が住んでいました。彼女の本名は「Ah Yuen」。1910年、エバンストンに彼女が来た時の年齢は57才です。彼女が来た当時エバンストンには、41人の中国人しかいませんでした。彼女はこの荒れた西部の地で農業を始めます。正式な記録は残っていませんが、中国の極貧家庭に生まれた彼女は13才の時、両親に売られてアメリカに渡ってきました。サンフランシスコ・パークシティなどの町に住んでいましたが、3度目の結婚を機にここへ移住した彼女。ここへ来るまでにもかなりの苦労をしたようです。

IMG_7544.JPG

60年間、彼女はエバンストンで暮らしました。外国から来た彼女の出生記録は曖昧ですが、100才以上の高齢まで生存していたのは間違いないようです。アメリカ西部を愛していた彼女は弱者の味方もしたようで、アウトローたちに食料の提供もしていたようです。貧しい家庭に生まれた彼女自身の境遇がアウトローたちへの慈しみを生んだのかもしれません。
IMG_7549.JPG

博物館の裏手には、当時倉庫として使用していた建物が今も残されています。
IMG_7561.JPG

博物館の庭園は、この街に住んでいた中国人の子孫(サンフランシスコ在住建築家)が設計したもので彼の寄付によって現在も工事が進行中です。
IMG_7558.JPG

小さな町の歴史博物は無料で公開されています。親切に説明してくれる案内ツアーもありますので、西部の歴史を是非のぞいてみてください。
IMG_7523.JPG

Uinta County Museum
1020 Front St.
Evanston, WY 82930

Ph: (307) 789-8248
Toll Free: (888) 989-8248

Hours 9:00 AM - 5:00 PM
Monday - Friday
10:00 AM - 4:00 PM
Saturday

http://www.uintacounty.com/28/Uinta-County-Museum


人気ブログランキング

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ホップキンズ 江美

アメリカ・ソルトレイクシティ特派員のホップキンズ 江美が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ソルトレイクシティ特派員
名前:ホップキンズ 江美

ホップキンズ 江美

アメリカ・開拓時代のアウトロー、マット・ワーナーがサインした壁画を偶然発見した事から、西部アウトロー史に興味を持ち調査をしています。マット・ワーナーを中心に、西部アウトロー達の足跡を追いかけ秘境の地を4WDで駆け巡っています。日焼けイヤ!虫は嫌いなのに…今日も元気に道無き道を突き進み、荒野の中を元気に探検!!自分の目で見た事、経験した事のみが真実だ!!との信条から、気になる事は自分自身で確かめるを実践。好奇心旺盛でワクワクする事が大好きです!! (2011年よりソルトレイク在住) DISQUS ID '@disqus_Ix2Y5hzVK8

ソルトレイクシティ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ソルトレイクシティ(ユタ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソルトレイクシティ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ソルトレイクシティ特派員 > エバンストン歴史博物館・Evanston,WY

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について