× 閉じる

トップ > 北米 > アメリカ > ソルトレイクシティ特派員 > フィールディング・ガー牧場で歴史的建造物を見てみよう!

アメリカアメリカ/ソルトレイクシティ特派員ブログ

フィールディング・ガー牧場で歴史的建造物を見てみよう!

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年10月 4日

アンテロープアイランド州立公園には、1848年にこの島に住居を構えたフィールディング・ガーの家が今もそのまま残されており、無料で見学することが出来ます。
ant6.jpg
この島を最初に訪れたのは英国人のジョン・C・フリーモントとキット・カーソンでした。

1845年のことです。この島を探検した彼らは広野でプロングホーンアンテロープが数頭、草を食している姿を見かけてアンテロープアイランドと名付けました。


彼らの生活した建物などが、現在も保存され公開されています。

彼らがこの地にやってきた時に使われていたワゴンハウスです。
ant3.jpg

ワゴンの内部はこのようになっています。
ant4.jpg

厩舎も当時の様子を伝えています
ant6.jpg

フィールディング牧場はユタ州で最も古い英国人による建物となっており、西部の牧場生活の歴史を垣間見ることが出来ます。

フィールディング牧場の見学は、アンテロープ州立公園入場料金 (車一台につき$10)に入っておりますので無料です。



人気ブログランキング

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ホップキンズ 江美

アメリカ・ソルトレイクシティ特派員のホップキンズ 江美が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ソルトレイクシティ特派員
名前:ホップキンズ 江美

ホップキンズ 江美

アメリカ・開拓時代のアウトロー、マット・ワーナーがサインした壁画を偶然発見した事から、西部アウトロー史に興味を持ち調査をしています。マット・ワーナーを中心に、西部アウトロー達の足跡を追いかけ秘境の地を4WDで駆け巡っています。日焼けイヤ!虫は嫌いなのに…今日も元気に道無き道を突き進み、荒野の中を元気に探検!!自分の目で見た事、経験した事のみが真実だ!!との信条から、気になる事は自分自身で確かめるを実践。好奇心旺盛でワクワクする事が大好きです!! (2011年よりソルトレイク在住) DISQUS ID '@disqus_Ix2Y5hzVK8

ソルトレイクシティ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ソルトレイクシティ(ユタ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソルトレイクシティ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ソルトレイクシティ特派員 > フィールディング・ガー牧場で歴史的建造物を見てみよう!