× 閉じる

トップ > 北米 > アメリカ > ソルトレイクシティ特派員 > おもわずビックリ!!野生動物を探してみよう!

アメリカアメリカ/ソルトレイクシティ特派員ブログ

おもわずビックリ!!野生動物を探してみよう!

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年9月28日

アンテロープアイランド州立公園(Antelope Island State Park)は、ソルトレイクシティから約30分~45分(道路状況で変動)で到着するグレートソルトレイク最大の島です。
ここでは野生動物観測やピクニック・乗馬など家族で楽しめるアトラクションが沢山!!
ant1.jpg

入口で入場料金$10(車一台分につき)を支払い入場します。
その時、代金と引き換えに英語のパンフレットを渡されますが、日本語表記のものが用意されていますので、日本語版のパンフレットを下さいと伝えましょう。係員が笑顔で「こんにちわ」とパンフレットをくれるはずです。パンフレットにはアンテロープアイランド州立公園について詳しく書かれています。地図も載っていますので、迷うことなくドライブ出来ます。


ant11.jpg
〈鏡のような湖を通り抜け自然あふれる島を冒険しよう!〉
入口を抜けると、グレートソルトレイク湖の真ん中を二つに割って走るような真っ直ぐな道を進みます。天気が良くて風のない日は、ガラスのように輝く湖に反射するロッキーの山々が湖に映ります。沢山の野鳥たちがゆったりと羽を広げて休んでいる姿も見られますので駐車可能な場所に車を止めて写真撮影するのもよいかもしれません。
ant2.jpg
〈ビジターセンターで情報収集!〉
島に上陸すると最初にビジターセンターに行ってみましょう。
アンテロープアイランドに関するすべての事がわかります。
20分位の短編映画の上映もありますので映像でアンテロープアイランド州立公園について知ることが出来ます。
島に生息する野生動物たちの写真も展示されていますので、どんな動物たちが住んでいるのかもわかります。
ant10.jpg
小さなお土産屋さんもここにありますのでグレートソルトレイクの塩などここでしか手に入らないお土産を探すのも楽しいです。
ant3.jpg
〈おもわずビックリ!!野生動物を探してみよう!〉
この島では、キャンプ・野生動物の観察・ハイキング・乗馬・マウンテンバイクなどが楽しめます。島内をドライブしながら野生のアメリカン・ブッファロー探しをするのもお勧めです。
運が良ければ、車の前をバッファロー達が横断、子連れの親子バッファローも目の前で見る事が出来ます。注意しなければならないのは、彼らは野生動物なので、刺激を与えないように一定の距離を保って観測するという事。見つけたからと言って、走って近寄ってはいけません。
双眼鏡を持参するとよく見えますので用意するとよいでしょう。
アンテロープアイランドの名前の由来でもあるアンテロープ(ミュールジカ)もこの島に多く生息しています。
ant14.jpg
可愛い彼らも一緒に探してみましょう。
ant13.jpg
その他、コヨーテ・ボブキャット・アナグマ・フクロウ・ハヤブサなどの動物達も公園内には生息しています。どんな動物と遭遇するのか、行ってみないとわかりませんが、見つけたときの感動は旅の良い思い出になるはずです。
ant12.jpg
公園内にはこのようなバッファロー横断注意の看板があります。
目の前を野生動物が横断する野性味あふれるアンテロープアイランド州立公園。
子供から大人まで、家族全員が楽しめる場所です。

【お問い合わせ】
アンテロープアイランド州立公園
4528 West 1700 South
Syracuse,UT 84075
801-773-2941
開園時間 
1年中開園していますが、ビジターセンターはサンクスギビング・クリスマス・元旦は閉まっています。

ユタ州立公園の入園料は公園の補修・動物たちの保護・改善に使用されています。
ぜひ、ソルトレイクから日帰りで楽しめるアンテロープアイランドで野生動物たちの生態を観察してみてください。


人気ブログランキング

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ホップキンズ 江美

アメリカ・ソルトレイクシティ特派員のホップキンズ 江美が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ソルトレイクシティ特派員
名前:ホップキンズ 江美

ホップキンズ 江美

アメリカ・開拓時代のアウトロー、マット・ワーナーがサインした壁画を偶然発見した事から、西部アウトロー史に興味を持ち調査をしています。マット・ワーナーを中心に、西部アウトロー達の足跡を追いかけ秘境の地を4WDで駆け巡っています。日焼けイヤ!虫は嫌いなのに…今日も元気に道無き道を突き進み、荒野の中を元気に探検!!自分の目で見た事、経験した事のみが真実だ!!との信条から、気になる事は自分自身で確かめるを実践。好奇心旺盛でワクワクする事が大好きです!! (2011年よりソルトレイク在住) DISQUS ID '@disqus_Ix2Y5hzVK8

ソルトレイクシティ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ソルトレイクシティ(ユタ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソルトレイクシティ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ソルトレイクシティ特派員 > おもわずビックリ!!野生動物を探してみよう!