トップ > 北米 > アメリカ > サクラメント特派員 > クラフトビールに魅せられて

アメリカアメリカ/サクラメント特派員ブログ

クラフトビールに魅せられて

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 夜遊び・クラブ・お酒 投稿日:2019年1月19日

私はクラフトビールが大好きです!
 
もっと詳しく言えばクラフトビールの中でも今はStoutとSour beerが好きです。

sour.jpg

結婚してからクラフトビールにハマりすぎて夫婦で一気に太ったので、現在は控えめにしてますが。。。笑
  
カリフォルニアは言ってみればクラフトビール天国です☆

  

【クラフトビールって何?】
クラフトビール Craft beer とは、要は地ビールのことです。
大きな会社の量産でない、小規模なビール醸造所が作ったビールを指すことが多いです。
 
日本の居酒屋で「生ビール!」と言うと、大抵は1~2種類しかありませんよね。
 
それに日本ではbrewery(醸造所)で飲むってあまりないと思うのですが、アメリカのBreweryはTap room (直訳すれば注ぎ口(タップ)のある部屋)、つまりその場で飲めるバーのある醸造所がほとんどです。

brewery.jpg

作られたその場で新鮮なビールが飲めるって幸せ〜!

Breweryには犬を連れてくる人も多いです。
(犬用のビスケットや水飲み場があるBreweryも多い)

そして子供連れや赤ちゃん連れも多く来ます。
(子供たちが一緒に遊べるスペースやおもちゃがあるBreweryもよくある)

 
アメリカのバーは本当にビールの種類が多いなぁと思います。
 
Tap house(醸造所ではないけどビールのみを取り扱うことが多いバーで、色々なbreweryのビールを提供している)なんかに行くと軽く15 taps以上ある所も普通です。

captap.jpg  


 
【ビールの種類色々】

ビールの種類を挙げていったらキリがないのですが、、、だいたいはこんな感じです。
 
Pale ale, Pilsener, Weisse, Blonde ale, Belgian, IPA(Indian Pale Ale), Saison, Lager, Amber, Brown, Bock, Stout, Porter, Imperial Stout
 
などなど
 
日本で生ビールというと「喉越しの良さ」が重要な気がしますが、ビールは喉越しだけではありません。
ちなみに日本のビールはアルコール度5%くらいのラガーがほとんどだと思います。
 
しかし、ここ数年では日本にも醸造所がどんどんできてる模様、、、!
日本の皆さんも近くにビール醸造所がないか調べてみてはいかがでしょうか?

   
私の好きなStoutとは黒いビールなのですが、stoutだけでも本当に色んな種類があって、coffee stoutやBarrel aged stout(ウイスキーの樽で寝かせたビール)、ピーナッツバターなどと作られたstoutなどなど、もうデザートと言っても良いような、とても日本の生ビールの様にゴクゴク飲む事は出来ないビールもたくさんあります。
 
StoutやPorterはどちらかと言えば冬に常温くらいのを飲みたいビール。
夏はSour beerやPilsenerなど喉越し爽やかな冷たいビールが飲みたいです!

  

【醸造所やタップハウスへ行くに当たってのアドバイス】

(イベント時を除いて) 大抵のbreweryやTaphouseは試飲させてくれるので、何が頼みたいかわからなかったら、

"Can I try a sip of (ビールの名前)?"
とか
"Can I have a little sample of (ビールの名前)?"
と聞いて試飲してみましょう!
 

ビールのアルコール度数・量・値段は大抵はBreweryのメニューボードに書いてあると思うのですが
普通のグラスは1 pint パイント
1 pint(16oz=473ml) が多すぎるって時は half pint ハーフパイント で頼めるBreweryも結構あります。
アルコール度数が高いものは少なめの10~12ozくらいの時もあります。

 
1つのビールに決めらない!色々飲みたい!とゆう場合は、何個かのビール小さいサイズで色々頼めるflightsを頼んでみましょう。

Flightsは大抵は 5oz (147ml)グラスに注いでくれます。
(Breweryによってはflightsがないところもありますし、自分で選べるとこもあれば、最初からセットで決まってるところもあります。)

flight.jpgのサムネイル画像

       

【サクラメントのビール醸造所】
サクラメントにもBreweryがたくさんあります。
中でもサクラメントのTrack7 Brewingはカリフォルニアのクラフトビールブームが始まる最初の時期からあるbreweryです。
しかし、クラフトビールを語るには老舗なんてことは全く関係ありません、出来たばかりでも素晴らしいビールを作るbreweryもあります!
 
なぜならビールの味はMaster brewer(醸造所でビールのレシピを考える一番重要人物)次第

 

IMG-3502.JPG 

    

【BEER WEEK】
春にはBeer weekをやってる街が結構あります。
 
サクラメントのBeer Weekは今年からは5月あたり(去年までは2月でした)、ベイエリアのBeer Weekは2月です。
Beer weekにはspecial beerもたくさんリリースされるので、ビール好きの方は是非情報をしっかりチェックしてからカリフォルニアを訪れてください!
  
またその時期になったら私もお伝えしますね☆
 
↓これはサクラメントにあるコーヒーロースター4軒とビール醸造所がコラボレーションして作ったCoffee Stout4種
beerweek.jpg

↓これはクラフトビールとチーズのペアリング
beercheesepairing.jpg

こういった楽しいビールイベントがBeer Weekにはそこらじゅうで繰り広げられます!
  

【ビールのアプリ】
ビール好きにはmust haveなアプリUntappedをダウンロードすると便利です!
飲んだビールを評価したり、知り合いに乾杯したり、breweryでのbeer listやその評価などを見れるアプリです。おすすめ!

  

【ビール作りを学ぶ】
University of California, Davis校では、プロフェッショナルにビール作りやワイン作りをする人になるコースもあるほどです。大学でワインを作る学科があるなんて、さすがナパに近いだけありますよね!    

  

カリフォルニアに来る際には、是非一軒くらいbreweryに行ってみて欲しいです!!
  
アルコール度数も10%を超えるようなビールも普通にあるので、アメリカでbreweryに行く際にはアルコール度数を良く見て、飲みすぎに気をつけて、UberやLyftを使って安全に移動してくださいね!

  

ではまた、

see you soon!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Amy

アメリカ・サクラメント特派員のAmyが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サクラメント特派員
名前:Amy

Amy

2008年1月カリフォルニア州へ渡米。UCI卒。ロングビーチ、アーバイン、パサデナなど南カリフォルニアに4年、2012年よりサクラメント在住。現在は舞台美術の仕事や翻訳の仕事しています。カリフォルニア州都サクラメントについてをメインに、カリフォルニア州、アメリカ生活、旅行、留学、国際結婚などについて、色々とお伝えしていきたいと思います! DISQUS ID @disqus_qmyDP7q9X2

サクラメント特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サクラメント(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サクラメント特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サクラメント特派員 > クラフトビールに魅せられて

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について