× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > ローマ特派員 > ”見た目”どんな女性がモテる?【イタリア編】

イタリアイタリア/ローマ特派員ブログ

”見た目”どんな女性がモテる?【イタリア編】

カテゴリー:生活・習慣・マナー / 美容・健康・病院 投稿日:2010年4月16日

イタリアに住んで気がついた事実。「カリーナ(Carina)」とは、カワイイという意味ですが、決してほめ言葉ではありません。私の周りの綺麗どころの友人達は、決して「カリーナ」とは言われることはないのです。カリーナと言われる度に、「美人とは決して言えないけれど、感じはイイ。」というような、ニュアンスを受けとるのは、多分、私だけではないはずデス。 さて、4月の地球の歩き方海外特派員のお題「“見た目”どんな女性がモテる?」に、こたえるために、友人達にリサーチをしてみました! 男女とも、まず、第一声にあがったのは、 ◎「ビオンダ(金髪)で青い目 (bionda con gli occhi azzurri)」でした。 なんだか、一昔前の日本人が想像するような典型的「ガイジンさん」ですが、イタリアでは、実はかなりの少数派。吸い込まれるような青い目の人は頻繁に見かけるけれど、イタリア人で真正ブロンドは天然記念物並みに貴重な存在。大抵はブロンドに染めています。ギリシャやアラブの血が混じるイタリアの南に行くとさらに、特にブロンドへの憧れが強くなるようです。こんなモテモテ・ルックスのブロンドの女友達と歩いていると、イタリア男は正直なもので、視線は彼女にロックオン、首は彼女に合わせてグルリと扇風機のように180度回転します。 日本でも人気職種の「女子アナ」にあたるテレビ司会者(Conduttrice televisiva)は、男性の視聴率を得るため、金髪のお姉さんたちの独壇場となっています。 こちらは、イタリア国営放送RAI UNO(ライ・ウーノ)の、朝の情報番組UNO MATTINA(ウノ・マッティーナ)の司会者、パドヴァ出身のエレオノーラ・ダニエレ(Eleonora Daniele)。ものすごくセクシーで目のやり場に困ってしまいます。彼女は「Un posto al sole」というドラマに出ていた女優で、美貌だけではなくトークが非常にうまく、Uno Mattinaの司会に抜擢され、今では、イタリアの朝の顔と言える女性の一人です。同じ人間とは思えない美貌と知性にびっくりです! ちなみに、もてる女性リサーチで、あたかも諺のように男女共から聞かれた言葉は、「ブロンド女性と付き合い、黒髪女性と結婚する。」ということ。さらに、「心から愛するのは黒髪で、浮気するのはブロンド。」ということ。なんじゃそりゃ。という感じですが、理由を尋ねてみたら、「イタリアのブロンド女性は大抵染めている人で、遊び人というイメージがある。」とのこと。男性からは、「ブロンドには憧れるけれど、結婚生活には不要。」とも。 とにかく、ブロンドであることが、イタリアでモテる女性の見た目、ナンバー1の要件のようでした。 さて、次は、イタリアで気がついた、日本とは全く違う、イタリアの理想的な女性の美しさについて、まとめてみます。 ◎健康的な小麦肌 美白コスメが欠かせない日本とは逆で、日に焼けた健康的な肌が美しいとみなされます。夏=バカンス=海が図式となっているイタリア。白い肌は不健康で貧弱、海にバカンスにも行けず消極的な人、とレッテルが貼られてしまいます。ですので、夏前には日焼けしようと、歩くときには日陰を避け、太陽に向かって顔を向けるイタリア人の様子はまるでヒマワリのようです(笑)。化粧品売り場には、美白化粧品ではなく、「美・小麦肌化粧品」が並び、低SPFクリームや、小麦肌に見せるファンデーションが売られています。 ◎セクシーさ 弁護士や公務員などのお堅い職種の女性でも、やはりセクシー路線。胸の谷間をギリギリまで見せるピチピチシャツがオフィスの人気アイテムです。夏になれば、街には、肩は紐だけ、背中が腰のあたりまでパックリと開いたファッションの女性で溢れかえります。日本で人気の「お嬢様系」、「カワイイ系」のようなファッションは、イタリアでは「野暮ったい」とみなされてしまいます。 ◎背が高く足が長い イタリアでモテる女性というのは、大抵、高身長です。背が低いと貧弱に見えるばかりか目立たない。そびえ立つヴィーナスのような存在になるためは、非常に歩きにくいイタリアの石畳を15センチヒールでも歩くことができれば完璧でしょう。長い脚を大胆に魅せるファッションがイタリアでは人気です。 ◎感じがいい 最後には、「感じのよさ」。「金髪で青い目」の人たちは、性格を抜きにして常にモテモテですが、そうでない人の場合、「感じがいい」女性が人気です。感情を隠さず表に出すイタリア人たちは、性格の良し悪しもはっきりと顔に出ています。イタリア人で性格が悪いひとは、大抵、への字口で、眉間には皺が寄っています。口角が上がっていて明るい表情の人は、やっぱりモテてます。 以上、「金髪」「青い目」「小麦色肌」「セクシー」「高身長で足が長い」「感じのいい表情」が、イタリアでモテる “見た目”の要件でした!美しさとキャラクターを全面に押し出すのが、イタリア流といったところでしょうか。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

青木 真理子

イタリア・旧ローマ特派員の青木 真理子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/旧ローマ特派員
名前:青木 真理子

青木 真理子

2006年よりダンナさんを日本においてイタリア料理留学中。レストラン、ワインガイドのガンベロロッソの調理製菓プロコースのデュプロマを取得し、ローマの星付リストランテで料理修業。イタリアの食事情を綴ったブログ「イタリア料理紀行dal ガンベロロッソ」が好評。過去には、アマルフィ海岸サレルノ、シエナ、キャンティ等田舎に暮らす。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエ。

ローマ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

ローマを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ローマ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > ローマ特派員 > ”見た目”どんな女性がモテる?【イタリア編】