× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ドイツ最古の石橋、修復完成式典!

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

ドイツ最古の石橋、修復完成式典!

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年6月11日

待ちに待った、石橋の修復工事完成式典。
1135年から1146年まで、11年間を費やして造られたこの、ドイツ最古の現存する石橋は、8年間の工期を経て、やっと貫通しました。


普段観光ガイドとして働く私にとっては、この完成式典はとっても待ち遠しいものでした。


11時スタートと言う情報を元に、この記念する一瞬を逃さずに写真に収めようと、頑張っていい場所を陣取ったのに、11時半近くになってから、それが12時半だと言うガードマン情報。
たくさんの人が一瞬にして散っていきました。そして、再び早めに陣取っていると・・・


まずは、音楽隊が、現場に向かい・・・

IMG_0482.jpg

次々と関係者が警備されているテープカットの場所、つまり、石橋の中央部分まで進み、気付いたら物凄い人数。


IMG_0491.jpg


IMG_0494.jpg


テープカットの場所を、時間あるときに撮影していたものと比較すると、


(まずは、旧市街側から、シュタットアムホーフに向かって撮影したもの)
IMG_0459.jpg


(そして、シュタットアムホーフ側から、旧市街を背景に撮影したもの)
IMG_0467.jpg


この人混みでは何も見えない。写真小僧の私は、ちょっとがっかりです。
はい、この人混みは、一般人ではなく、関係者各位です。市長さんも知らない間にそちらに行かれてたはずです。


でも、式典の長い前置きを聞かされ、牧師さんのお話を聞き、浄めの水をかけられる仕草が少しだけ垣間見れ、また、音楽隊のバイエルン州歌やドイツ国家を聞き、なんとなく、今テープカットがなされているのだろうな、と想像しつつ・・・
30分ちょっとの式典は終了。


牧師さんが戻って来ました。

IMG_0498.jpg

両隣で大きなカメラを構えていたおじさん達がカメラを向けていた女性、誰かなぁと思いつつ、一応私も写真撮りました。気づいたら、なんと、レーゲンスブルクに住む公爵夫人、トゥルン・ウント・タクシス家の、グローリア婦人でした。(写真左)

DSC09036.jpg


その後、一般人が石橋を渡る瞬間です。やったー!ささやかな感動!


橋を見守る小僧も、いろいろありましたが、また戻って参りました。

IMG_0500.jpg

実はこの石橋を見守る、ブリュックマンドルという名前を持つこの小僧は三代目。1854年に造られたものが、数年前に右腕を失ったのをきっかけに修復されたものです。
この小僧は、火曜日に数時間をかけて、クレーンで運ばれて取り付けられたもの。

IMG_0413.jpg

たまたまこの瞬間を見ることが出来たのですが、その後今日の関西式典までは、白い布で小僧は覆われていました。


これで、いよいよ、観光客はまっすぐ石橋を歩けるようになりました。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ドイツ最古の石橋、修復完成式典!