トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 第12回 レーゲンスブルク骨董品市

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

第12回 レーゲンスブルク骨董品市

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2018年6月11日

正直、私はアンティーク大好き人間という訳ではありませんが、ドイツ人は古い物を大切にする民族なようで、我が家にも親戚から転々と回って来た家具やラジオなどがあります。


どうやらこの骨董品市は、骨董品ファンにはたまらない物なようなので、物は試し!とばかりにのぞいてみました。

すると、思ったのと違う面白さ。買おう!という気持ちでなくても、へえ、こんなのがこんな値段であるんだ!っていうささやかな感動や面白さ、それで十分なのです。しかも、規模が大きくてびっくり。


DSC09000.jpg

陶器市であれば、お爺さんお婆さん、おじさん、おばさんばかりですが、ここの骨董品市は、若い人もたくさん。
子供までが、これ何?ってお父さんに聞いたりするような興味を持って見ることができるものもたくさん。


私も、十分楽しみました。1920年の道具や、1946年の地方新聞、シルバーのスプーンやナイフ・フォーク、牛乳の缶やアルミ製のバケツやジョウロ(如雨露)、大泥棒ホッツェンプロッツで登場するようなコーヒー豆を挽く道具などが、駅前のマキシミリアン通りから、ノイプファー広場辺りまで、延べ1400mにも渡ってお店が並んでいます。


DSC09008.jpg DSC09006.jpg DSC09004.jpg DSC09002.jpg DSC09012.jpg


もちろん、食器類もあります。皮製品や洋服などは無いようですが、50年以上前の麻の食器拭きやテーブルクロスなどはあります。偽物、復刻版はここではタブー。ドイツ各地から、または中欧からアンティークの業者などが集まっています。
毎年6月の第二日曜日、9時から17時まで開催。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 第12回 レーゲンスブルク骨董品市

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について