× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 旅行記〜アントワープ(ベルギー)①〜

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

旅行記〜アントワープ(ベルギー)①〜

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年4月16日

その後、ブリュッセル近郊で3泊し、アントワープに出掛けました。
朝車で出発してから、アントワープまであっという間に到着。大都市なので、とりあえず、主要駅近くの駐車場に車を停めることにしました。


主要駅から歩いて観光することが出来ます。


まず、この主要駅。世界でも最も美しい駅の一つと言われているらしいのですが、私の写真ではイマイチ。
でも、本当に綺麗です。一ヶ所素敵なのではなく、あっちもこっちも素敵でした。

DSC07713.jpg

DSC07704.jpg


DSC07707.jpg


主要駅内の観光案内所で無料の地図をもらい、早速出発です。


そうそう、例えば韓国の空港に降り立ったらキムチの匂いがする、と言いますが(私は韓国もキムチも好きです)、ベルギーは、ブリュッセルの街中はちょっと歩けばベルギーワッフルにぶつかるくらい、あちこちでワッフルが売られています。


が、ここアントワープは、私達が歩く中で、二箇所しかワッフルの売り場がありませんでした。

観光は、徒歩で十分出来ます。
日本人だったら誰でも知っている、「フランダースの犬」。
ネロとパトラッシュが教会に掲げられたルーベンスの絵を見て最期を迎えるシーン、あの教会「聖母大聖堂」を目指しました。


DSC07449.jpg

DSC07453.jpg


ここは入場料が必要です。大人が一人6ユーロ、子供は12歳まで無料です。事前にネットで調べたら、写真撮影料が取られるとありましたが、そちらは不要でした。
とっても大きな教会です。


DSC07476.jpg

DSC07494.jpg


絵画の説明も日本語でもたくさんありますが、私の場合はゆっくり鑑賞に浸る間も無く、急いでの観光でした。残念。でも、私的には、木彫の立派な椅子などを見る方が楽しかったです。

DSC07466.jpg

DSC07468.jpg

DSC07470.jpg


パイプオルガンも立派ですね。こちらは19世紀のもの。

DSC07497.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 旅行記〜アントワープ(ベルギー)①〜