× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > クッヘルバウアーの塔と芸術の家

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

クッヘルバウアーの塔と芸術の家

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年1月10日

ミュンヘンの空港から1時間ほど、そしてここレーゲンスブルクからは40分ほど車で行くと、アーベンスブルクという町があります。
ここには、白ビールで有名な、クッヘルバウアーという古い醸造所があります。

天気の良いある冬の日、一度行って見たかったフンデルトヴァッサーの作画に基づいた塔、クッヘルバウアーの塔に行って来ました。


IMG_3746.jpg


フンデルトヴァッサーというのは、オーストリア生まれの画家、芸術家かつ建築家です。2000年に亡くなっていますが、その当時、この塔の建設にあたっての計画中でした。同じオーストリア出身の建築家である、ペーター・ペリカンによって、この塔も、現実化することが出来ました。このペーター・ペリカンは、他にもたくさんのフンデルトヴァッサーの作品を建築物として完成しています。


この町での観光は3つ。
1)ビールの醸造所のガイド付きツアー
2)クッヘルバウアーの塔の見学
3)芸術の家(Kunst Haus)の見学


IMG_3749.jpg


醸造所のガイド付きツアーは、イースター休暇から12月(12月24、25日を除く)は毎日ありますが、それ以外は、水、土、日曜日のみ。
今回は、残念ながら、それに該当せず、とりあえず、芸術の家だけを見学して来ました。


IMG_3724.jpg


その裏側はこんな感じです。


IMG_3723.jpg


内部はミュージーアムショップのようなお店があり、そこは無料で入れるようです。
芸術の家は、家族チケット(大人二人と子供3人まで)だと20ユーロ、また大人一人は8ユーロ。


芸術の家は、2014年にオープンしたもので、ペーター・ペリカンがフンデルトヴァッサーの作品紹介や、生活についてを紹介するような類のものです。とにかく壁が曲線なんです。不思議な空間に、人々を元気にさせるド派手な作品が並んでいます。太い幹を中心に作られた螺旋階段も素敵ですし、上からぶら下げてある観葉植物も素敵。ところどころにある天然木のベンチも素敵。ああ、こんなの素敵ねー!というのがたくさんあります。
ご婦人方も、日曜大工が好きなご主人にも、元気な子供達にも、楽しめる要素が詰まっています。


急げば、40分くらいで見られますが、英語またはドイツ語の解説をゆっくり見ながら歩いたら、1時間や1時間半は過ごせるでしょう。残念ながら内部の写真撮影は禁止です。
帰りには、お土産も付きます。大人一人当たり2本の500ml入り瓶ビール。


IMG_3739.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > クッヘルバウアーの塔と芸術の家