× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ホフブロイハウス

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

ホフブロイハウス

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2017年12月30日

ドイツで最も有名なビアホール、ホフブロイハウス(本店はミュンヘン)の支店がレーゲンスブルクにもあります。

IMG_3232-thumb-730xauto-317122[1].jpg

レーゲンスブルクにも、3つの現存する醸造所があり、それぞれがビアホールを持っています。他にも、細々と醸造しているレストランもあり、何もミュンヘンのビアホールに、とも正直思いますが、気にしない、気にしない。


理由の第一は、立地条件。旧市庁舎という、レーゲンスブルク三大観光スポットの一つの目の前にある、ということ。
それだけではありません。レーゲンスブルクの一般庶民もここは大好き。美味しいものがあるところには、人が集まってきます。

IMG_3231.jpg


食べるものに迷ったら、これ!というくらい定番の、シュヴァイネブラーテンを今回も注文して見ました。
大食いの私ですが、あえて小盛りを頼んでみました。それで正解。美味しいサラダもついて、十分お腹いっぱいです。
ビール一杯と一緒に頼み、チップを込みで15ユーロ也。


お食事は一般的に少しお値段高めというのが正直なところです。レーゲンスブルクで言えば、大聖堂のすぐ北にあるビショフホーフのものと張り合う感じです。
ドイツ人は、夕食にはパンとチーズやサラミ、ハムなどで済ませる家庭が多いこともあり、一部の温かいメニューは16時までとなっているので、要注意です。


調べて見ると、ミュンヘンのホフブロイハウスでは、ビールはマスクルークと言われる1リットルのもので出されますが、ここレーゲンスブルクでは500ml。よっぽどのお酒好きならいいでしょうが、1リットルを飲み干すまでにビールはぬるくなってしまうので、個人的には欲張らず500mlを好みます。お料理もビールも同じメニューでもどうやらレーゲンスブルクの方が少しお手頃のようです。


ちなみに、このホフブロイハウスは、食事をしていると、オーナーさんがお客の一人一人に必ず挨拶をして回ります。そんなお店は、ここだけ。お客さん第一の印象が良いですね。そうすると、お客さんとの小さな会話も成り立ち、良いこと悪いことのフィードバックがなされていることだと思います。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > ホフブロイハウス