× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 大聖堂が見えるレストラン

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ

大聖堂が見えるレストラン

カテゴリー: 投稿日:2017年10月13日

大聖堂の向かいに素敵なレストランがあります。
ハウス・ホイポートというもので、大聖堂に面したアーチをくぐり、左手奥にある木造の階段を上に登って行くとそのレストランにたどり着きます。

IMG_2567.jpg

この写真は、大聖堂の正面玄関を背にして写したものです。赤い部分と緑の部分は、もともと一つの家として造られたもので、長い年月の間に、二つの建物として使われる時代が長かったもの。その赤い部分が、このハウス・ホイポートです。

ここは、レーゲンスブルクに980年頃からあったユダヤ人街の入り口に当たる場所でした。干し草市場が開かれていたので、「干し草(ホイ)」からホイポートの名前がつきました。中世の商人の家の中でも最も大きいものの一つです。
建物全体の中で最も古いのは、12世紀に建てられましたが、現在このハウス・ホイポートが入っている部分は、1300年以降に建てられたものです。


さて、ここでクイズです。

IMG_3042.JPG

この写真は何でしょう?


これは、昔、まだ街灯がなかった時代に、夜は松明を灯して、その明かりで道を歩いていたのだそうですが、この家に着いたら、その松明の火を消してから家に入るように、火消しを役割として置かれた石なのです。これが、どこにあるか、是非見つけてください。

IMG_3040.JPG

レストランの入り口につながる木造の階段は、18世紀。それ以前は石造りのものでした。石造りの階段の当時のゴシックの建築様式がその周辺(天井や石の彫刻)に今でも残っています。


この階段を、その奥にある中庭から眺めると、こんな感じになります。

IMG_3039.JPG

お洒落ですね。


ちょっと高級感のあるレストラン。リンクはこちら(ドイツ語) から。


この場所をGoogleMapで確認する

https://tokuhain-admin.arukikata.co.jp/mt/ynn4tekthspigiuefiw9mxcc5ep8z3k7?__mode=view&blog_id=557&id=186147&saved_changes=1&_type=entry

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員の吉村 美佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/レーゲンスブルク特派員
名前:吉村 美佳

吉村 美佳

鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。 DISQUS ID @disqus_mvlVIuxrhK

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

レーゲンスブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レーゲンスブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > レーゲンスブルク特派員 > 大聖堂が見えるレストラン