トップ > ヨーロッパ > チェコ > プラハ特派員 > プラハ7区で日本のソウルフード

チェコチェコ/プラハ特派員ブログ

プラハ7区で日本のソウルフード

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年7月28日

今回ご紹介するのは、日本のソウルフードを出すプラハ7区にあるお店。

「ONIGIRAZU」
IMG_3178.JPG

まさかプラハでおにぎり(?)が食べられるお店があるなんて!


店内はすっきりとした作りでシンプル。
このONIGIRAZUは4ヶ月前にオープンしたそう。
IMG_3170.JPG

さてさてどんなおにぎらずが食べられるのでしょう。
メニューはこちら。
IMG_3158.JPG

おにぎらずの種類は3種類。
上からTempeh/Mango/Kimuchi

Tempehとは大豆ミートのこと。燻製した大豆ミート・・野菜のナムルにゴマドッレシングの味付け。

IMG_3194.jpg


今回一番驚いたのは、Mangoです。
熟れきってないしゃきしゃきマンゴーとアボカド、バジルに、味付けはピーナッツバター、ココナッツ、チリソース、レモンという
エスニックなおにぎり。
意外にも相性が良く、美味しかったです!


Kimuchiはキムチにきゅうり、スモーク豆腐、たまり醤油で韓国のキンパのような味でした。こちらも美味です。
IMG_3165.JPG


そのほかに自家製味噌汁もあります。
出汁はなんと昆布から取っているそう。味噌も日本のものを使用し本格的です。

ひとつひとつ丁寧に手作業で。
IMG_3167.JPG

サンドイッチのようにせていき、のりで包んでいくようです!たしかに握っていない。
IMG_3172.JPG

ONIGIRAZUでは使用するお米から野菜まで素材にこだわって作られています。
使用する調味料なども化学調味料は使っていないそう。
味噌汁を入れるカップも環境に配慮して、植物由来のものを使用しているというこだわり!

プラハで仕事の間にさっくと食べられるものといえばピザやパンなど比較的カロリーのあるものが多いです。
オーナーのラデックさんは、同じように早くて、簡単で、安く食べられ、かつヘルシーなものはないかと考え
このお店を作ることを考えたそう。
プラハには日本料理屋はまだまだ少ないですが、アジアンフードが食べられる店では寿司も食べられます。
チェコ人は寿司が好きということも理由となり、おにぎらずというユニークな場所ができたのですね。


ベジタリアンの人やヘルシー志向の方、または新しいものに対してオープンなプラハの人々に人気があるようです。


お店のスタッフさんもみんなフレンドリー。
プラハ7区の雰囲気もゆったりしておすすめです。
ぜひおにぎらずを試してみてくださいね!

ONIGIRAZU
17000 プラハ
Milady Horákové 9

月曜〜金曜11:00ー15:00
  16:00−21:00

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

P.B.S creation

チェコ・プラハ特派員のP.B.S creationが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

チェコチェコ/プラハ特派員
名前:P.B.S creation

P.B.S creation

プラハ在住7年目。芸術家としてヨーロッパ中で活動しています。同時に東欧、ヨーロッパでコーディネートや企画など、様々なことをお手伝いしています。プラハを中心にチェコのあれやこれやをぶっちゃけてお伝えしていきます。 ご質問等お気軽にこちらへどうぞ。

プラハ特派員トップにもどる

その他のチェコの特派員

プラハを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

プラハ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > チェコ > プラハ特派員 > プラハ7区で日本のソウルフード

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について