× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > ポルトガル > ポルト特派員 > 【ポルトガル料理レシピ】カルニ・デ・ポルコ・ア・アレンテジャーナ

ポルトガルポルトガル/ポルト特派員ブログ

【ポルトガル料理レシピ】カルニ・デ・ポルコ・ア・アレンテジャーナ

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2017年12月12日

こんにちは!ポルト特派員のYukaです。
先週は暴風雨に見舞われていたポルトですが、今日は日が出ていて嬉しい限りです!


さて、今回はポルトガル料理、カルニ・デ・ポルコ・ア・アレンテジャーナのレシピを紹介します。
ポルトガル語で「カルニ」は「肉」、「ポルコ」は「豚」、「アレンテジャーナ」は「アレンテージョ地方の」という意味です。
アレンテージョ地方はポルトガル南部の地域です。


豚肉とアサリをパプリカのペーストで味付けした料理でご家庭でも簡単につくれますよ!


この料理に欠かせないポルトガルの伝統的な調味料、「マッサ・デ・ピメンタオン」↓
1massa.jpg
パプリカを塩漬けしたペーストのことで、かなりしょっぱいです。
日本でも手に入りますよ。


ではレシピを見ていきましょう!
料理上手なポルトガル人の友人に教えてもらった作り方です。


<レシピ>
*材料(4、5人前)
・豚ロース:500g
・ニンニク:1欠片
・ライム:1つ
・塩:適量
・胡椒:適量
・マッサ・デ・ピメンタオン:スプーン3杯
・冷凍アサリ:1kg
・ジャガイモ:3つ
・オリーブ油:適量
・白ワイン:適量
・パクチー:40g


*作り方
1.タッパーに一口大に切った豚肉、みじん切りにしたにんにくを入れる。
2.そこにライムの皮を削って入れ、汁を絞る。
3.マッサ・デ・ピメンタオン、塩、胡椒で味付けしたら、最低一時間冷蔵庫に置いておく↓
2shitaaji.jpg


4.冷凍あさりは塩水を入れたボールの中に入れ、一時間ほど口が空くまで放置する↓
6asari.jpg


5.ジャガイモは皮をむき、素揚げして塩を振っておく↓
4poteto.jpg


6.鍋にオリーブ油を引いたら味付けした豚肉を炒め、白ワインを入れる↓
5itame.jpg


7.豚肉に火が通ったら口が開いたアサリ、揚げたジャガイモを加え混ぜる↓
6maze.jpg


8.パクチーを入れ混ぜたら完成!
7kannsei.jpg


*ポイント
 豚肉の下味がしっかりついていると美味しくできます。
 最低一時間、可能ならば一日置くと良いと思います!


日本で手に入る食材でできる簡単なポルトガル料理、是非作ってみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Yuka

ポルトガル・ポルト特派員のYukaが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ポルトガルポルトガル/ポルト特派員
名前:Yuka

Yuka

ポルト大学留学中。ポルトガル語やポルトガルの文化、歴史について学んでいます。皆さんがポルトガルに行ってみたくなるような魅力的なポルトガルの観光情報、またポルトでの留学生活を中心に発信していきます。ポルトガル料理やポルトのカフェ、レストランを紹介しているInstagramアカウントはこちらDISQUS ID @disqus_NDPLDSXVYL

ポルト特派員トップにもどる

その他のポルトガルの特派員

ポルトを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ポルト特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ポルトガル > ポルト特派員 > 【ポルトガル料理レシピ】カルニ・デ・ポルコ・ア・アレンテジャーナ