× 閉じる

トップ > 北米 > アメリカ > ポートランド特派員 > 身近な大自然!ポートランド近郊の国立野生動物保護区

アメリカアメリカ/ポートランド特派員ブログ

身近な大自然!ポートランド近郊の国立野生動物保護区

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2018年6月 7日

「地球の歩き方」読者の皆様、こんにちは。ポートランド在住の東リカです。
市内に200以上の公園を有し、自然が身近にあることで知られるポートランド。晴れる日が多くなってきたこの季節は、緑の中を散策したくなります。
今回出かけたのは、前から気になっていたポートランド近郊、シェーウッドにある「テュアラティン リバー国立野生動物保護区」。全米でも数少ない都市近郊にある国立野生動物保護区です。
DSC06654.jpg
ポートランドのダウンタウンから南西に約22.5km。高速道路を使えば25分ほどで到着します。園内は約1844平方キロメートル、琵琶湖の約2.75倍という広さです。

DSC06646.jpg

出かけたのは、5月の末の午後。青空に誘われたのか、散歩に来た友人同士や家族連れの姿もあちこちにありました。とはいえ、もちろん混み合っているというほどではありません。

DSC06658.jpg

この野生動物保護地区には、200種類の鳥と50種類以上の哺乳類、25種類の爬虫類、両生類が暮らしているそうです。特に水鳥の保護には積極的で、たくさんの渡り鳥もやってきます。

DSC06647.jpg

駐車場の側には、立派な「ワイルドライフセンター」があります。ここでは、動物についてはもちろんテュアラティン川での発見や歴史についても学ぶことができます。また、ショップやインフォメーションセンターも入っています。


DSC06650.jpg
園内には、通年オープンしている砂利で舗装された1.6キロメートルの高低差の少ない「イヤー・ラウンド・トレイル」と5月30日から9月1日の期間限定で使える約4.8キロメートルの「シーゾナル・トレイル」があります。

私たちは、ワイルドライフセンターから、「シーゾナル・トレイル」を使って川を眺められる「リバー・オーバールック」や湿地帯を眺める「ウェットランド・オブザベーション・デッキ」を通り、ループで引き返す約2.4kmほどのコースを歩きました。
歩きやすい広くて高低差のないトレイルで、川を眺めたり、たくさんの鳥の声を聞きながら歩くのは、とても良い気持ちでした。

DSC06648.jpg

ちなみに、野生動物保護区のため、犬の散歩や自転車などの利用は禁止されています。また、湿地帯は日陰が少ないので、夏場に訪れるなら涼しい時間帯を狙った方がいいと思います。

Tualatin River National Wildlife Refuge
(テュアラティン リバー国立野生動物保護区)
住所:19255 SW Pacific Hwy, Sherwood, OR 97140
電話:Office: 503-625-5944、Wildlife Center: 503-625-5945

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

東リカ

アメリカ・ポートランド特派員の東リカが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ポートランド特派員
名前:東リカ

東リカ

オレゴン州ポートランド在住のフリーライター。オレゴン大学への交換留学をきっかけに縁ができ、東京、ブラジル3都市での生活を経て、2014年末より家族でポートランドへ移住。 現在はフリーライターとして現地情報を日本メディアに提供している。得意分野は、カルチャー、ライフスタイル、フード&ドリンク、旅行、アートなど。個人ブログ「ポートランド日誌」に取材こぼれ話なども掲載中。ご連絡はブログのお問い合わせフォームからお願いします。
ブログリンク先:https://rhportland.blogspot.com/ DISQUS ID @disqus_RVm6X35Hh9

ポートランド特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ポートランド(オレゴン)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ポートランド特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ポートランド特派員 > 身近な大自然!ポートランド近郊の国立野生動物保護区