× 閉じる

トップ > 北米 > アメリカ > ポートランド特派員 > 記念撮影にも!フォトジェニックなライラック庭園イベント

アメリカアメリカ/ポートランド特派員ブログ

記念撮影にも!フォトジェニックなライラック庭園イベント

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年5月11日

「地球の歩き方」読者の皆様、こんにちは。ポートランド在住の東リカです。
アメリカ北西部の春は、あちこちに花々が咲き誇り、とても素敵です。今回は、ポートランドから少し足を伸ばして、ライラックが見頃を迎えている「Hulda Klager Lilac Gardens」をご紹介します。
DSC06478.jpg
「Hulda Klager Lilac Gardens」は、国定史跡(National Historic Site)にも指定されている1880年代のビクトリア調ファームハウスと庭園です。場所は、ポートランドのダウンタウンから車でI-5を40分程度北上したワシントン州ウッドランド。
毎年、ライラックが開花する母の日前後の3週間、「ライラック・デイズ」と称して、ライラックの販売やファームハウスの公開を行っています。

DSC06482.jpg

2週間ほど前に出かけてきましたが、白、黄色、ピンク、薄紫、濃い紫、バーガンディーと様々な色のライラックが咲き誇っていました。
庭園内には、花の撮影はもちろん、おしゃれをして写真撮影に来ている家族やカップルの姿もありました。

DSC06477.jpg

歴史あるファームハウスは、「赤毛のアン」の世界のような可愛らしい印象。ちょうど「赤毛のアン」の本をシリーズで読んでいる長女にそう言ったところ、「もっと(アンを引き取った)マリラの家はもっと片付いてるはず」と言われてしまいましたが・・・。家の中では、クラガー家の歴史を知ることができます。
またキルトの展示もされていました。

DSC06490.jpg

この家で暮らしたHuldaさんは、長い年月をかけて交配により何種類もの新種のライラックを生み出しました。そして毎年ライラックが満開を迎える頃、庭を一般公開し、「ライラック・レイディ」と慕われていました。
1948年、彼女が83歳の時にコロンビア川の氾濫により、丹精込めて作り上げた庭のほとんどのライラックの木が流されることがあったそうです。その時には、これまでに彼女からライラックを譲り受けた人たちがその苗木を持って集まり、また様々なライラックが咲き誇る美しい庭を再現することができたそうです。
DSC06483.jpg
美しいライラックは香り高いものが多く、庭園を散歩すると、とてもいい香りに包まれました。ブーケや苗木も販売していたので、苗木を数種類、買って帰りました。

DSC06473.jpg

今年のライラックデイは今週末の母の日まで。それ以外の期間も、庭園は一般公開しています。ぜひ出かけてみてくださいね。

Hulda Klager Lilac Gardens
住所:115 S Pekin Rd, Woodland, WA 98674
電話: (360) 225-8996

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

東リカ

アメリカ・ポートランド特派員の東リカが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ポートランド特派員
名前:東リカ

東リカ

オレゴン州ポートランド在住のフリーライター。オレゴン大学への交換留学をきっかけに縁ができ、東京、ブラジル3都市での生活を経て、2014年末より家族でポートランドへ移住。 現在はフリーライターとして現地情報を日本メディアに提供している。得意分野は、カルチャー、ライフスタイル、フード&ドリンク、旅行、アートなど。個人ブログ「ポートランド日誌」に取材こぼれ話なども掲載中。ご連絡はブログのお問い合わせフォームからお願いします。
ブログリンク先:https://rhportland.blogspot.com/ DISQUS ID @disqus_RVm6X35Hh9

ポートランド特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ポートランド(オレゴン)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ポートランド特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ポートランド特派員 > 記念撮影にも!フォトジェニックなライラック庭園イベント