トップ > ヨーロッパ > モンテネグロ > ポドゴリツァ特派員 > テレザ ケソビア の政治的要素をはらんだコンサート

モンテネグロモンテネグロ/ポドゴリツァ特派員ブログ

テレザ ケソビア の政治的要素をはらんだコンサート

カテゴリー: 投稿日:2011年9月30日

テレザ・ケソヴィヤ―
ドゥブロヴニクで生まれたシャンソン歌手。
イタリアのサン=ヴァンサンで優勝を果たしたのち、ユーゴスラビアから
フランスに移り、オランピア劇場で歌った唯一のクロアチア人歌手となった。
しかし1991年のクロアチア紛争のとき、彼女の家は破壊された。
(引用:Wikipedia日本語版 参考)


以上はウィキペディアから抜粋したものですが、昨日私の所属するモンテネグロ響がテレザケソビアを招いてコンサートをしました。テレザは、ウィキペディアに書いてあったとおり、ドブロブニクの出身で紛争の際は彼女の家もセルビア、モンテネグロ軍(旧ユーゴの時代)によって爆破されてしまいました。彼女はそれ以来、セルビア モンテネグロでは絶対に歌わない!!という信念を掲げてきました。でも、近年になって かたくなな彼女の気持ちは次第に変わりセルビア、ベオグラードにおいてもコンサートをし、昨日はモンテネグロの首都ポドゴリツアのロイヤル劇場でコンサートはおこなわれました。大統領、大臣たちもこぞってコンサートにきていました。旧ユーゴスラビア時代の花形歌手で多くのファンを持っていたのにも関わらず紛争によって複雑な関係になってしまったテレザと、観衆は各国の独立後やっと元の関係を取り戻しつつあります。


昨日のコンサートで感じた事は、コンサートのみならずまだまだ、複雑な人々の感情がこの地、旧ユーゴスラビアに眠っている、という感じです。


コンサート中、オーケストラの同僚たちの後ろ姿や横顔をみていたら泣きそうになりました。日本人には理解できない民族や宗教の違いで争う感情を過去にもちながら(少し、想像してみてください。自分たちの祖父や、祖母が民族がちがうから、宗教が違うから、というだけで殺したり、殺されたり、。)、やっと平和なモンテネグロが作られていっている感じがしました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

佐川 知子

モンテネグロ・ポドゴリツァ特派員の佐川 知子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

モンテネグロモンテネグロ/ポドゴリツァ特派員
名前:佐川 知子

佐川 知子

2005年8月に渡欧(ウィーン)、マケドニア響、モンテネグロ響客員奏者。クラシックのみならずフォーク音楽のフィールドを通しても旧ユーゴおよび東欧の音楽家たちと交流が深い。インターナショナルコミュニティー合唱グループ主宰。ボランティアで日本語を教えている。

ポドゴリツァ特派員トップにもどる

ポドゴリツァを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ポドゴリツァ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > モンテネグロ > ポドゴリツァ特派員 > テレザ ケソビア の政治的要素をはらんだコンサート

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について