× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > モンテネグロ > ポドゴリツァ特派員 > モンテネグロの食文化

モンテネグロモンテネグロ/ポドゴリツァ特派員ブログ

モンテネグロの食文化

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2011年8月15日

モンテネグロ食文化は、結構日本人にはいけている気がする。まずは、アドリア海を抱えている、ということで魚は結構たべる。でも、ほとんどがグリルか油で揚げる料理。イタリアが海を隔てて近いのでイタリア料理も家庭のなかに浸透しているが、カルパッチョ(生魚)は好まない。カラマリ、と呼ばれるイカリングは普通に食べられている。

お肉料理は、主体。グリル(焼き肉)や、土鍋に入れてトマトやタマネギなどとぐつぐつ煮込む料理も多い。

又、ドミトール国立公園や、世界第二位の深さのタラ渓谷も含めて豊富な自然に恵まれているので、農業も盛んで、その辺りに住む人はヨーグルト、チーズ、カイマック(サワークリームとコッテージチーズを混ぜたような食感)は、毎日の生活に欠かせなく、お客さんや、お祭りの折には、羊をおろして、羊のミルク煮が振りまわれたりする。

ポドゴリツア(モンテネグロの首都)や日本人の良く訪れるコトルにはイタリア料理やダルメシアン料理の(魚のグリルや魚介サラダ)レストランがあって日本人の味覚にはあうとおもう。

モンテネグロも、クロアチアも9月の終わりまで暑さは続きます。ドブロブニクやコトルで友達の何人かが魚介によって食あたりになりました。
特に、ムール貝には気をつけてください!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

佐川 知子

モンテネグロ・ポドゴリツァ特派員の佐川 知子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

モンテネグロモンテネグロ/ポドゴリツァ特派員
名前:佐川 知子

佐川 知子

2005年8月に渡欧(ウィーン)、マケドニア響、モンテネグロ響客員奏者。クラシックのみならずフォーク音楽のフィールドを通しても旧ユーゴおよび東欧の音楽家たちと交流が深い。インターナショナルコミュニティー合唱グループ主宰。ボランティアで日本語を教えている。

ポドゴリツァ特派員トップにもどる

ポドゴリツァを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ポドゴリツァ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > モンテネグロ > ポドゴリツァ特派員 > モンテネグロの食文化