× 閉じる

トップ > 北米 > アメリカ > フィラデルフィア特派員 > アメリカでの年末年始 日本と違う色んなこと★

アメリカアメリカ/フィラデルフィア特派員ブログ

アメリカでの年末年始 日本と違う色んなこと★

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2017年1月 6日

01.JPG

新年あけましておめでとうございます!

フィラデルフィア特派員のひまわりです、2017年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

この年末年始は、私にとってアメリカで過ごす初めての年越しとなりました。 住み慣れた日本での風習や空気感と比べて、アメリカでは違う点をたくさん感じました~!

なので、今回は「アメリカでの年末年始」についてちょっとまとめてみたいと思います。

●「クリスマス」、街は超静か。

クリスマスイブの夜、フィラデルフィアの街はいつも以上に静かでした。

車や人影もほとんどなく、ケーキ屋さんもガラガラ(この日にケーキを食べる文化はそんなにないよう)。 日本では、クリスマスイブやクリスマスの夜は飲食店やショップなど都会の街は大賑わいですし、 もちろんケーキ屋は大混雑!というイメージでした。

しかし、アメリカでは家族で集まり自宅でゆっくり食事をしたり、教会でミサに参加するなど、 しっぽりと家族の輪を大切にして過ごす時間のようでした。

当然ですが、日本より本来の意味での「クリスマス」をきちんと意識して過ごしているんだな~と感じました。

●逆に・・・「大晦日」の街はにぎやか!大宴会~!

大晦日の夜、フィラデルフィアの街は人出が多くてびっくり!夕食の時間帯はどの飲食店も大賑わい!

道端でもコーヒーやお酒を片手に話し込む若者達や、深夜までバーなどで陽気に飲んでいる人がたくさん!

どうやら大晦日=大宴会の日のようです。大晦日や元旦は家族というより、仲間たちで集い楽しそうに過ごしている人が多い印象でした。日本とは、クリスマスと逆な感じですね!

ちなみに、年越しはカウントダウンに盛り上がったり、「HAPPY NEW YEAR」と大きく描かれたギラギラの帽子やふざけたサングラスをかけてはしゃいでいました。ノリとしてはハロウィンと同じような"パーティ"といった雰囲気でした。

05.jpg 02.jpg

●総論:アメリカのホリデーシーズンって?!

そんなわけで総じて、こちらの価値観は「お正月」<「クリスマス」「感謝祭(11月末)」といった様子でした。 11月の感謝祭から楽しいホリデーシーズンが始まって、12月に入るとクリスマスの飾りつけをして、 そのままニューイヤーイブまで楽しく過ごすといった感じです。

そのため日本のように、「クリスマスが終わった26日には、急いでクリスマス感があるものを片づけて、 しめ縄や門松の準備!食材はおせち用のものを揃えなきゃ!」といった年の瀬がだんだんと迫ってくる雰囲気はありません。(実は私はこれが意外にさみしく感じました、、、「な~んか年末感が足りないな~」なんて思ったり。笑)  

その上、年が明けた今も尚、町中にクリスマスツリーやリース等が飾ってあります。きっとこうした飾りは 「クリスマス」に限らずホリデーシーズンの飾りといった感覚なのでしょう。

そんなアメリカのホリデーシーズンも1月4日くらいには徐々に終わってしまいます。ホリデーシーズンは11月からたっぷりと長かったけど、日本人としてはまだまだ1月8日くらいまでお正月気分でいたいな~なんて正月ボケしている私です。笑

06.jpg 07.jpg

●最後に・・・私の初のアメリカ年末年始の過ごし方

12月末に、アジア系のスーパーに買い出しに向かいました。 アメリカのスーパーだとお正月の気分が全然盛り上がらないので、さすがに何か手に入れたいなと思い立ちまして!

フィラデルフィアからだと、「maido」という日本食スーパーや「Hマート」という韓国系スーパーが便利で人気です。 今回はバスで30分ほどかけて、「Hマート」へ! ここでは、薄切り肉や、刺身用のおさかな、おせんべい、ドラ焼き、黒豆、かまぼこ等、 なんでもゲットできちゃいます~。 わーい!

ここでの戦利品と両親からのありがた~い日本からの配給食材などと合わせて、我が家ではすき焼き、お雑煮、焼き魚などアメリカフィラデルフィアにいながら、がっつり和食で日本を感じまくるお正月を過ごし ました(^^♪ やっぱりおいしいな和食♪

せっかくアメリカに来たものの、食文化に関してはこんな風に過ごしてしまう自分に、 隠し切れない日本人としてのアイデンティティを自覚した年末年始でした。

08.jpg 09.jpg

【「H mart」】

● 住所:7050 Terminal Square, Upper Darby, PA 19082

●フィラデルフィアセンターシティからの行き方:

センターシティのwalnut streetからバス(SEPTA21番)に乗車。

終点の「69th street station」下車。徒歩3分ほど。片道運賃2.25ドル。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ひまわり

アメリカ・フィラデルフィア特派員のひまわりが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/フィラデルフィア特派員
名前:ひまわり

ひまわり

2016年、家族の都合でフィラデルフィアにきた主婦。これまでに海外生活経験はなく、英語もカタコト。旅行者の延長のような感覚で日々こちらの事情に驚きの連続。思っていたよりもずっと都会で文化的に活気あふれるこの街で、気ままなフィリーライフを送っています。手芸グッズを探したり、公園でのんびりランチしたり、野菜の彩りにときめいたり。そんな日常の中から、少し書きます。 DISQUS ID @disqus_QMQ1IcYWVG

フィラデルフィア特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

フィラデルフィア(ペンシルバニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

フィラデルフィア特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > フィラデルフィア特派員 > アメリカでの年末年始 日本と違う色んなこと★