× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > パルマ特派員 > 素朴な秋の味スーゴ・ドゥーバ

イタリアイタリア/パルマ特派員ブログ

素朴な秋の味スーゴ・ドゥーバ

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2017年10月 5日

10月に入って、朝晩が冷え込むようになってきました。
この時期、北イタリアのワインの産地では、モストと呼ばれるブドウの絞り汁が八百屋さんで販売されます。
今年は雨が少なく、ブドウの収穫がかなり早まったこと、そして収穫量も少なかったことからか、残念ながらあまり見ることがありませんでした。

このモストを使った超簡単そして素朴なお菓子、昔ながらのマンマの味、スーゴ・ドゥーバの作り方をご紹介します。
イタリア語でスーゴは「汁」、ドゥーバは「ブドウの」という意味なので、文字通り、ブドウの汁のお菓子です。
レシピはこちらから。
libro.jpg
パルマの家庭料理のレシピです。1985年に出版された本なので、昔ながらのパルマの味と思って良いのではないでしょうか。
材料はモストと小麦粉、好みによってお砂糖少々といたってシンプルです。
100%のブドウジュースでできます。
コップ1杯のブドウジュースに対して、小麦粉大さじ1杯。
私はコップ3杯のブドウジュースで作りました。ブドウジュースが甘い場合はそのまま、甘みが足りない場合は、好みの甘さにお砂糖を少々加えてください。
鍋にブドウジュースを入れて弱火で温めます。沸騰する前に火を止めて、半分を別の容器に移します。
鍋のジュースに小麦粉大さじ3を加えて、木しゃもじでよく混ぜます。ダマができてしまう場合は泡立て器でよく混ぜます。
pentora.jpg
もう一度鍋を火(弱火)にかけ、残り半分の温かいブドウジュースを加えて、混ぜ続けます。沸騰してから最低15分は混ぜ続けてください。
それを型に入れて冷やして出来上がり。
田舎風にはそのままいただいても。
IMG_3166.jpg
ちょっとおしゃれに盛りつければ、おもてなしにも。

お味はういろう風なシンプルなお菓子の出来上がりです。

イタリアの田舎の秋を感じるお菓子。是非お試しを。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

西村 明美

イタリア・パルマ特派員の西村 明美が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/パルマ特派員
名前:西村 明美

西村 明美

1996年よりパルマ在住。イタリアの食に魅せられ、ワイン、ハム、チーズ等のイタリア食材を勉強しています。地元で築いた人脈を生かし、一般の方からメディア向けまで、様々なコーディネートをしています。 AISソムリエ。APRパルミジャーノ・レッジャーノチーズテイスター。イタリアジャーナリスト協会会員。特派員ブログでは食だけではなく、様々な角度からイタリアをお伝えします。 ホームページはこちら DISQUS ID @akemi nishimura

パルマ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

パルマを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パルマ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > パルマ特派員 > 素朴な秋の味スーゴ・ドゥーバ