トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ2特派員 > 【パリ16区】Avenue du Président Wilson のアンティーク市を訪ねて

フランスフランス/パリ2特派員ブログ

【パリ16区】Avenue du Président Wilson のアンティーク市を訪ねて

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2018年4月11日

DSCF3716.jpg


先週末の話になりますが、ようやく、パリも春らしく過ごしやすい天気がやってきまして、春の陽気に誘われて、アンティーク市を訪ねながら、パリの春を楽しみました。
今回は、パリ16区、Palais de Tokyo(パレ・ド・トーキョー)や先日、こちらのブログでも紹介した Palais Galliera (ガリエラ宮モード博物館)Musée Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン美術館) 近くにある大通り、【Avenue du Président Wilson(プレシダン・ウィルソン通り)】で月曜日まで開催されていたアンティーク市について書こうと思います。


最後まで、お楽しみに。

DSCF3710.jpg


普段は、この通り、水曜と土曜にはマルシェが立ち、新鮮な食材を求めて買いに来る方が多いのですが、この日は、アンティーク市へ様変わり。このような看板が。。。4/8(日)、9(月)開催と書いてあります。


DSCF3714.jpg


アンティーク市の全体の様子はこんな感じ。
私が訪れた時間帯がまだ、初日で朝早かったということもあり、準備中のお店もまだ、あったようです。お店の方もお隣同士、顔なじみさんなのか、談笑しながら、和気藹々という感じです。


DSCF3712.jpg


このアンティーク市の特徴としまして、陶器やガラス、銀製品などの食器類が多かったのが特徴で、上の写真のようなお店が多く出店されていらっしゃいました。
これから春夏に向けて、不定期開催ながらも、パリ市内あちこちで、アンティーク市を見かけることが多くなると思うので、是非、ご興味ある方は、訪ねてみてはいかがでしょうか?


DSCF3662.jpg


アンティーク市後、撮影に出かけたのですが、シャンゼリゼ大通りの公園で、花モクレンが満開でした。
ようやく、パリも花のシーズンがやってきたということで、パリへ訪れた際には、是非、カメラ片手に散策もいいものです。新たな発見を探してみませんか?


DSCF3658.jpg

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ラズール・ミホコ

フランス・パリ2特派員のラズール・ミホコが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ2特派員
名前:ラズール・ミホコ

ラズール・ミホコ

1976年千葉県出身。在仏14年目。仏領レユニオン島出身の配偶者を持つ。2016年3月まで、リヨン居住。その後、現在パリ在住。大学時代からの写真愛好家で、現在は、パリを中心に風景を主に撮影。2014年開始のインスタグラムは毎日更新。仏、伊、英、西の写真紹介ページで多数ベストフォト受賞歴あり。フォロワー数800名突破(2017年12月現在)。また、自身のポートフォリオとパリ・ミニ情報の公式サイト【point2vue410(ポワン・ドゥ・ヴュ・視点)】も運営
リンク
・point2vue410
・FaceBook
・Twitter
・Instagram DISQUS ID @disqus_JieWCspimI

パリ2特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ2特派員 > 【パリ16区】Avenue du Président Wilson のアンティーク市を訪ねて

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について